メリットだらけのマクロビダイエット

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2017年11月14日

マクロビって何?

マクロビとは、「マクロビオティック」の略称で健康法やダイエットなどにメリットがあると注目を集めている健康法です。具体的には、主食を玄米、野菜、豆類、ナッツ類などを中心に身体本来の機能を十分に生かし切る食事を提唱しています。菜食主義とは違い、それぞれの体質によって食材を組み合わせ選択しながら食事をする健康法です。マクロビにより健康になり、結果ダイエットに繋がるのがマクロビダイエットです。代謝が上がり、老廃物の排泄が目立ち、倦怠感や無気力なども改善され、明らかに体質改善が見られ、太りにくい身体が作られます。

マクロビダイエットの始め方

昨今、欧米化されている食事をマクロビの食事法に少しずつ転換していきます。まず、主食に玄米を取り入れます。タンパク質は主に豆類から摂り、野菜を十分頂きます。肉、魚介類などの動物性タンパク質は月に数回程度に抑えます。精製された白砂糖を避けます。代わりに、てんさい糖、黒砂糖などを取り入れます。また、糖分を果物やナッツ類から摂取します。油も精製されたサラダ油は避け、菜種油やオリーブオイルなどを使用します。お肉やお魚の満足感で毎食、食事をとってきた人にとって初めは物足りない印象があるかもしれません。継続することで次第に食べ物の味わいが分かるようになってきます。

玄米を上手に取り入れよう。

マクロビは主食を玄米などの穀物にし、野菜、海藻類、豆類をバランスよく摂ります。理想的な割合は、穀物40~60%、野菜20~40%、海藻、豆類5~10%、スープ5~10%とされています。玄米が食べにくいと感じることがあれば、ゴマ塩やふりかけなどを利用するなど工夫してみましょう。十五穀米と混ぜ合わせて炊いたり、或いは玄米と小豆の相性が良いことから、玄米おはぎなどは美味しく食べやすいです。小松菜などと一緒に玄米チャーハンなども美味しいです。玄米は噛みごたえがあることからも、咀嚼回数が自然と増え、食事の量が少量でも満足出来る食事となります。

無理なくゆっくりと、いつの間にか痩せてる!

食事法をマクロビに変えるだけで、全体的にカロリーが低くなり、咀嚼回数も増え少量で満足出来る食事になることから結果、いつの間にか痩せていることになります。味わいも深くなり、楽しめるようになると、何よりも身体が喜んでいるのが実感出来るでしょう。マクロビダイエットで、基礎代謝が上がり、溜まっていた老廃物が排泄されて、便秘も解消します。玄米、野菜に加え、タンパク質もお肉、お魚ではなく豆類、海藻類から摂るために食物繊維の量が大幅に増えます。身体に良い食事に転換するだけで、自然と体重が減りダイエットに繋がっているというのがマクロビダイエットのメリットですね。