それでもご飯が食べたい!ダイエット中のご飯の食べ方

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2017年11月15日

カロリー制限ダイエット

カロリー制限ダイエットとは、減量を目的に摂取するカロリーを制限することを言います。カロリーとは、エネルギーの単位で1ℓ水の温度を上げるのに必要なエネルギーが1キロカロリーです。ダイエットをする際は、この摂取カロリーよりも消費するカロリーが多い状態でやっと痩せられるとされています。最近では、カロリーオフ商品やカロリーゼロ商品が流行っているのも、ダイエット傾向にある消費者へのアプローチですね。

ただ、極端に減量をすることで体重だけが減り、筋肉量が落ち、体調を崩すといったようにデメリットも目立つために上手にカロリー制限ダイエットを実施する必要があります。

白米と玄米とカロリー

白米と玄米、そしてカロリーの関係を見ていきましょう。実は、白米も玄米もカロリー量の差はほとんどありません。カロリーは大差ありませんが、栄養素では天地ほど異なります。玄米には、ビタミンとミネラルが豊富に含まれています。カリウムは白米の3倍量、ビタミンB1は白米の8倍もの量が含まれています。また、食物繊維も4.5倍といったように豊富な栄養素を得ることが出来ます。玄米は白米よりも固いため、よく噛む必要があります。そのことからも時間をじっくりかけてお食事をしながら、栄養素をしっかりと取り入れることが出来るので実は、ダイエットには玄米がおすすめなのです。

ダイエット時のおすすめの組み合わせ

玄米に豊富なビタミン、ミネラルは身体の代謝を上げ、免疫力を高めます。カリウムは、血圧を高める塩分を排出する役割があり、ビタミンB1は疲労回復の役割があります。このように健康とダイエットに最適なのが玄米です。しかし、どうしても食べにくいといった人には、白米に玄米を混ぜたり、五分づき米や七分づき米にしてチャレンジしてみるのも良いでしょう。玄米自体に栄養素が豊富なために、おかずはシンプルで大丈夫です。ちょっとした漬物やお魚など和食が美容にも健康にもおすすめですね。じっくりとよく噛んで食べることで、満足感を得ながらダイエットをすることが出来るでしょう。

カロリー制限時のご飯の上手な食べ方とは?

炭水化物制限ダイエットや糖質制限ダイエットで、ご飯が敬遠されがちです。それでもやっぱりご飯が食べたい!っていう食欲を消せない時がありますね。ご飯をしっかりと摂りながらも、食べ過ぎない食べ方を上手に工夫しましょう。ご飯を食べすぎないコツは、よく噛んでゆっくり時間をかけることです。出来そうでなかなか出来ないことですが、玄米ならばそれも可能です。理想は、一口入れたら30回はよく噛んで飲み込むようにしてみましょう。また、目の錯覚を利用して、ご飯茶碗を小さいものに変えて同じご飯の量でも、お茶碗にたっぷり入っているようにしてよそってみるのもおすすめです。