食べられないストレスがリバウンドを引き起こす!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 食事

食べられないストレス

ダイエット中の食事制限は、いろいろな種類や方法が溢れていますが、いざダイエットをスタートすると、この「食べられないストレス」と戦わなければいけません。とくに、食べることが大好きな人や食事の時間を楽しく有意義に過ごしてきた人、食べることでストレスを解消してきたような人にとっては、食事制限のダイエットは非常につらく過酷なダイエットと言えるでしょう。無意識であっても、この「食べられないストレス」をいかに解消していくかが、ダイエット中のリバウンドを乗り越える方法になりますね。では、リバウンドはどうしてなってしまうのでしょうか。

リバウンドのしくみ

急激なダイエットや過度なダイエットで食事量を減らす、体重を極端に減らすなどの身体の変化に対して、危機的状況と察知、判断して身体を維持しようとエネルギーを貯めようとする働き、消費を抑えようとする働きが稼働します。これは、どの人にも備わっている恒温性(ホメオスタシス)といわれる身体の機能です。どんな状況においても体温を一定に保とうとする働きですが、体温だけではなく体重、血糖値の変化を極力抑えようとします。食事制限ダイエットでは、この摂取エネルギーが減っているので「食べられないストレス」とホメオスタシスの働きで「リバウンド」が引き起こります。

ダイエット中のストレスで肌荒れも

リバウンドを招く「食べられないストレス」が溜まると、身体の自律神経のバランスが乱れてしまいます。自律神経が乱れると、交換神経が優位になり抹消血管を縮小させて血行が悪くなります。血流が滞り、血行が悪くなることで身体の隅々まで酸素や栄養素が行き届かず、その分肌の新陳代謝が遅くなり肌のターンオーバーのリズムが乱れてしまいます。

とくにダイエット中は、栄養バランスが偏りがち、不足しがちですから肌のターンオーバーが遅くなってしまいます。それと同時に、女性ホルモンのバランスが乱れてしまいニキビや乾燥肌などの肌トラブルに繋がります。

ダイエット中のストレス対策

ダイエット中は、大なり小なりストレスに晒されるのは間違いないですね。そのいちばんの「食べられないストレス」を上手に割り切って、進める必要があります。

ひとつは、筋トレです。筋肉トレーニングをすることで代謝がアップし、痩せやすい体質へと変わってきます。体質が変わると気持ちも大きく変化し、ストレスに強い気持ちでダイエットを進めることが可能です。ただ、体重を減らすといった減量ではなく栄養バランスをよく考えて筋トレをする、身体を健康に導くといった無理のないダイエットを心掛ければリバウンドを引き起こさなくて済むでしょう。