ストレス解消が鍵?糖質制限ダイエットを成功させる心得とは

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2017年11月23日

糖質制限にストレスはつきもの

巷で大流行の糖質制限ダイエット。ご飯やパン、スイーツなどを避けるダイエットですが、炭水化物や糖質を好む方にとってはストレスを感じやすく、途中で挫折してしまう方も少なくありません。ダイエットは、ズバリストレスとの戦い。糖質制限でスムーズに減量したいなら、自身のメンタル面と向き合うことも大切です。そこで今回は、糖質制限をストレスフリーに行うための心得や、ダイエットのモチベーションを保つメソッドをご紹介します。これから糖質制限を始めたい方はぜひ最後までご覧頂き、今後のダイエットの参考にしてくださいね。

外食で気分転換を図ろう

仕事が終わったら、自宅で夕食を摂る方も多いと思います。しかし夕方から夜にかけての時間帯は空腹感を感じやすく、炭水化物を抜くことへのストレスが掛かってしまいがちです。しかも夜は食べたもののカロリーが消費し辛いと言われており、このタイミングで炭水化物を摂ると体重増加に繋がりとても危険。糖質制限のストレスを避けたいなら、週に2回程度の外食で気分転換を図りましょう。外食と言っても炭水化物を口にすることはNGですが、いつもと違う景観で食事を摂ることでストレスが解消されます。友人と楽しく会話しながらのディナーもオススメです。

空腹時はくるみを活用

糖質制限を始めたばかりの頃は、ふとしたきっかけで口寂しくなりがちです。仕事や人間関係のストレスを甘いもので解消したいところですが、ダイエット中はもちろんご法度。何か食べないとイライラが収まらない…そんな時は、くるみを口にしましょう。くるみの糖質は100gあたり4.2gと低糖質。数粒食べても糖質制限への弊害にはなりません。食べ応えもあるので、ダイエット時のおやつとしても最適と言えます。また、食物繊維も豊富に含まれているので便秘解消にも効果的です。食べ過ぎに気をつければ、くるみはダイエッターの強い味方になるのです。

体重測定を習慣にして達成感を得る

ダイエットを決意したきっかけは人それぞれ。ファッション雑誌に出てくるモデルのような体型になりたいと、大幅な減量を目指す方も多いのではないでしょうか。しかし減量の数値が多いほど長期間のダイエットが必要となり、スムーズに減量できないことでストレスを背負ってしまう場合があります。ダイエットへのモチベーションを保ちたいなら、体型や体重を毎日チェックし、達成感を得ることがとても大切です。体重は減ってないけどウエストが引き締まったから嬉しい!といった具合に、少しの変化を褒めてあげるようになれば、ダイエットに楽しみを見出せるようになります。