カロリー計算は体にも優しい。ダイエットは自分の体と相談しながら行おう。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2017年11月25日

カロリー計算で体に優しい食生活

女性なら誰しも、なんらかのダイエットをしたことがある方がほとんどだと思います。しかし、ダイエットの結果よりも、そのダイエット方法が自分の体に合っているかどうかを判断したことはあるでしょうか。例えば糖質制限が体に合わないという方の中には、仕事中に強い睡魔が襲ってくる、やる気が出ずにぼーっとする、情緒不安定になる、など困った症状が強く出てしまう事があるようです。それでは普通の生活が送れませんね。そもそも何かを我慢するというのが苦手な方には向いていないダイエット方法ですので、注意が必要です。

カロリー計算で体に優しい食生活

カロリーは生活していく上で人間の体に必要なものですので、低ければ低いほど良いというわけではありません。カロリー計算ダイエットの良いところは、食べてはいけないものがあるわけではないということです。たとえば、どうしてもお肉が食べたい!という時もありますよね。そんな時はご飯の量を減らす、デザートはこんにゃくゼリーを1つだけにするなど、他を調節することで1回の食事の目標カロリーを守ることができます。つまり、好きなメニューを食べても問題はないが、量をきちんと管理するという技術を身に着けるという事でもあるのです。

オススメの方法

できれば1日の目標カロリー量を÷3したものを1色食分とした方が良いですが、高カロリーなものを食べたいときは朝やお昼にしておくのがおススメです。夜食べるものが原因で太りやすくなるというのは本当のことですので、できればランチを豪華にして夜はシンプルに済ませるというのが1番良いでしょう。たとえば、遅めのランチコースをゆっくり美味しく頂いた日の夜は、サラダやスープなどの体に優しい軽いもので終わらせるなど、メリハリをつけるのがおススメです。こってりしたものを食べた後、胃腸をいたわる意味でも大切なことです。

デザートが我慢できないという方は

食事のあとのデザート、さっぱりしてとても美味しいですよね。男性でもスイーツ男子なんて言葉があるくらいですので甘いものが好きな方は多いはずです。しかし、美味しいデザートは高カロリーであることがほとんど。これではカロリーオーバー!なんてことに。でも、1日頑張ったんだからデザート位食べたい、と思ってしまいますよね。そんな時は、「半分こ法」を試してみてください。おいしいシュークリームやプリン、コンビニのケーキもナイフで半分にしてあとは冷蔵庫へ。明日の半分の楽しみも取っておいてまた1日ポジティブに頑張ってみる気になれそうです。