おやつは食べていい?糖質制限ダイエットとおやつのあま~い関係

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2017年11月30日

糖質制限ダイエットとは?

今やダイエットの定番ともいえる糖質制限ダイエット。文字通り糖質の摂取量を制限し血糖値の上昇を防ぐことで、インスリンの分泌を押さえ身体に余分な脂肪を蓄積させないようにするものです。糖と聞くと甘い物だけ想像しがちですが、いわゆる主食にも糖質は含まれています。ご飯やパン、麺類などにの糖質にも気をつけなければなりません。ここまで聞くとちょっと難しくストイックなダイエットのように感じる方もいるでしょう。今まで楽しみにしていたおやつタイムもないの?とテンションも下がり気味に、、。では糖質制限とおやつについて見ていきましょう。

おやつはNG?それともOK?

糖質制限中のおやつ。食べていいのか気になりませんか?少しでも早く結果を出したいと頑張るほど、おやつは食べずに3度の食事で我慢するべきではと思いますよね。でも実はダイエット中のおやつはむしろ食べたほうがいいんです。長時間空腹が続くと体は飢餓モードになっています。そんな時に食事をすると「危険」と感じた体が少ない食事でも栄養を吸収しようとし血糖値が急上昇しやすくなってしまうんです。結果、糖は脂肪に変わりやすくなり太りやすい体になってしまいます。血糖値が急上昇する空腹時間を作らないためにもおやつは必要です。

食べていいおやつは?

基本糖質量が低いものであれば食べて大丈夫です。チーズやナッツ類もお手軽に食べられるのでよいですね。ただカロリーが高めなので食べ過ぎは注意です。無糖のヨーグルトも糖質が少なく糖質制限にピッタリのデザートです。甘味が足りないときはイチゴなどの同じく糖質の少ないフルーツを一緒にとっても良いでしょう。またパン好きな人にはコンビ二に売っているブランパンがお勧めです。1個わずか2.2gと糖質もかなり低め。他にも最近ではコンビニに低糖質なアイスやチョコなどいろいろ種類も増えています。チェックしてみましょう。

おやつを食べすぎてしまったら

頑張って糖質制限をしていても、我慢しきれず糖質オーバーのおやつに手が伸びてしまう事ありますよね。そんな時気をつけたいのが「自分を責めない」こと。欲望に負けた罪悪感から自分を責めてしまうとかえって意志の力が弱くなり、道半ばにしてダイエットを投げ出すことになりかねません。ストレスはダイエットを妨げる敵なんです。そんなストレスを緩和する「4.7.8呼吸法」。まずは口は閉じた状態で4秒鼻から息を吸い、7秒息を止めます。最後はゆっくり8秒かけて口から息を吐ききります。ダイエット中のイライラ時に是非お試しください。