ダイエットのゴールデンタイムとは?運動・食事は午前中がベスト!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 食事

2017年12月6日

ゴールデンタイムダイエットで減量をスムーズに!

ダイエットを行うには、規則正しい生活習慣や食生活が必要不可欠。そして理想のボディラインを作りたいなら、ウォーキングなどの有酸素運動も欠かすことができません。しかしこれらのライフスタイルを継続しているのにも関わらず、未だに成果が出ないと悩むダイエッターも多いようです。そこで今回は、ダイエット効果を高めるゴールデンタイムダイエットについてご紹介します。痩せやすい時間帯に運動を行えば、減量やボディメイクもスムーズに!ダイエッターはもちろん、ボディメイクに励む方への耳寄りな情報をお届けしますので、ぜひ最後までご覧くださいね!

午前中は代謝が上がる時間帯

人間の体は、朝起きて夜眠ることで健康のバランスを整えていますが、これはダイエットにおいても同様と言えます。午前中は活発に動き、夕方~夜に体を休めることで減量やボディメイクの進捗がスムーズになるのです。特に起床後は代謝の向上が著しく、この時間帯に運動を行うことでダイエット効果がアップします。また、運動の順番は筋力トレーニングが先。有酸素運動を後に回すことで、脂肪燃焼の効率が良くなるからです。仕事をしている方は運動を行う時間帯が遅くなりがちですが、朝の電車通勤をウォーキングに変えるだけでも十分にダイエット効果が期待できます。

食事面にもゴールデンタイムあり

実は食事面のゴールデンタイムも、運動面と同様午前中が適していると言えます。午前中からお昼までは、摂取カロリーの消費量がアップする時間帯です。このタイミングに食事を摂って体を目覚めさせれば、一日をアクティブに過ごすことができます。代謝も高い状態にあるので、しっかりと食べても太る心配がありません。また、ご飯やパンなどの炭水化物は脂肪に変わりやすいと言われていますが、この時間帯であれば摂取OK。食べ過ぎに気をつけ、たんぱく質やビタミン、ミネラルを含んだバランスの良い食事を心がけるようにしてください。

夜のカロリー摂取に気をつけよう

ダイエットの敵と言えば、ケーキなどの糖質や脂質の高い食事。しかしこれらのご馳走を全く摂らないとなるとストレスを受け、メンタル面に悪影響を及ぼします。ダイエットのストレスを発散するためにも、月2回ほど食の解禁日を設けるようにしてください。そしてくどいようですが、ゴールデンタイムでの摂取を忘れずに。夕方以降、特に夜はカロリー消費率や脂肪燃焼の効率が悪い時間帯です。このタイミングで糖質や脂質の高い食事を摂ってしまうと、体に水分や脂肪を溜め込みやすくなります。夜は太る時間帯である事を理解し、カロリーの過剰摂取を控える事が大切です。