マクロビも大丈夫!馴染み深い和食ダイエット

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

和食ダイエットとは?

私たちが食べ慣れている「和食」がダイエットに効果的というのをご存じでしょうか?和食は、2013年にユネスコ無形文化遺産に登録されたほど世界中から注目されています。和食のメリットは食事バランスを取りやすいことや低カロリーなことなどで、特に和食の基本「一汁三菜」というのがダイエットにピッタリなのです!ご飯があり、お味噌汁などの汁物があり、焼き魚などの主菜一品と小鉢など副菜二品で一汁三菜になります。一口に和食といっても幅広いので、和食でダイエットするための注意点やポイントを紹介していきます。

マクロビオティックって何?

マクロビオティックは、日本人の桜沢如一さんという方が提唱した食事法・思想で和食と近い考え方でもあります。マクロビオティックは自然を取り入れた生き方で、旬の食材を取り入れ、残さず丸ごと食べることで自然と調和を取りながら健康的に生きていくものです。玄米や雑穀などを主食に野菜や海藻類・豆類などを中心に日本の伝統食をベースにしているので、和食でマクロビオティックを行うことは可能です。ただマクロビオティックは魚類や肉類・卵など、動物性の食べ物を食べないことが好ましいので、それらを避けながら行いましょう。

覚えよう!「ま・ご・わ・や・さ・し・い」

「まごわやさしい」という言葉を聞いたことがありますか?「ま・ご・わ・や・さ・し・い」というのは、和の食材の頭文字です。「ま」は豆類「ご」はごま「わ」はワカメなどの海藻類「や」は野菜「さ」は魚類「し」はシイタケなどのキノコ類「い」は芋類を指しています。バランスの取れた食事の覚え方でもあり、これらを取り入れた食事にすることでミネラル・食物繊維・タンパク質・ビタミンなどの栄養素をバランス良く摂取出来ます!和食ダイエットをする際は「まごわやさしい」というのを覚えてみてください。またマクロビオティックでは魚を抜きましょう。

和食ダイエットのポイント!

和食ダイエットは一日三食を和食に変えるだけと簡単ですが、注意するポイントもあります。まず基本的に一日三食しっかり食べるようにし、朝食を抜くなどはやめましょう。食事量は朝昼夕で3:4:3になるようにすると良いです!また和食は塩分や糖質が多くなりがちなので、同じ調味料を何品にも使わないように工夫しましょう!また汁物をはじめに飲み、野菜類などを食べてから最後にご飯を食べれば血糖値を緩やかに上昇させ、脂肪がつきにくい食べ方になりダイエットに効果的です。塩分が気になる方は、調味料の代わりに牛乳を使用する乳和食という食べ方もあります。