小顔を遠ざける習慣は今すぐやめよう!原因を知って小顔になる方法

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 部分痩せ 食事

2017年12月30日

小顔は遺伝なの?

皆さんは自分の顔の大きさについてどう思っているでしょうか?顔立ちや顔の大きさは生まれ持ったもので気にならないという方や、毎日鏡を見たくない方までさまざまです。顔の大きさは本当に生まれ持った先天性のものなのでしょうか。顔の輪郭や目鼻立ちは遺伝の影響が大きいとされていますが、あごの形や歯並びなどは後天的な影響も大きいと言われており、今から改善出来るかも知れません。 もちろん先天的なものが大きく影響している場合もありますが、意外なクセなどでも顔の形は変わってしまいます。そのクセや原因・改善方法などを紹介していきます。

小顔を遠ざける習慣

クセ以外の習慣で顔が大きく見えることがあります。それは、塩分の摂り過ぎによるむくみと体重増加です。体の水分を上手く排出出来ないと、体に蓄積された水分で顔がむくんだり体重が増加する場合があります。味の濃い食べ物を好んだり、元々冷え性という方は体に水分をため込みやすくなっているので、注意が必要です。薄味の食事に変えたり、体内の水分量を調節してくれるアボカドやバナナといったフルーツや、利尿作用のあるスイカやキュウリを食事に取り入れてみましょう!小顔マッサージなども効果的です。

出来たら今日からやめたいクセについて

まずは、猫背やストレートネックなど姿勢が悪いというクセです。頬杖や足組も含まれます。つぎに噛むクセです。人それぞれ噛みやすい場所があり、そこでばかり噛んでしまったり、睡眠中の歯ぎしりなどで想像以上の負荷がかかっています。クセというのは自分で気付いていない無意識のものもあり、いきなりやめるのは難しいかも知れませんが、クセをそのままに小顔トレーニングなどで小顔を目指しても効果が薄い可能性があります。鏡などで意識しながら気を付けましょう。なぜこれらが顔の大きさに関係しているのかを次に紹介します。

小顔を目指す食材

猫背やストレートネックといった姿勢の悪さは、さまざまな場所に「歪み」を生み顔の形まで変わってきてしまいます。また緊張感のない姿勢なので、筋力低下に繋がりたるみも引き起こしているかも知れません。たるみ・筋力低下には、堅い食べ物がオススメです。スルメイカやガムなど堅い食べ物をよく噛んで筋力をアップさせましょう。次に噛み癖は顔の形を歪ませるだけでなく、顔の筋肉の一部分だけが無駄に発達してしまうこともあります。歯ぎしりは、緊張状態が原因かも知れないので、緊張をほぐしてくれる乳製品やお肉がオススメです。