運動効率をあげるための壁沿い開脚ストレッチ

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣

2018年1月9日

股関節をやわらかくして、運動効率アップ

ヨガやピラティスをたしなむ人の、ペタッとした見事な開脚に憧れませんか?股関節の柔軟性を高めることで、転倒や怪我のリスクを減らすことが期待されます。また、しなやかな筋肉や良好な血行は、トレーニングの効果を効率良く得ることが期待できるので、柔軟性を高めるストレッチを日々取り入れていきましょう。開脚ストレッチが極端に苦手な方も、壁沿いストレッチならキツすぎず、できるところから始められます。苦手意識をなくして、気楽にチャレンジしてみてください。

STEP1

ステップ1のイラスト

壁沿いの床に寝そべるので、スペースの確保とヨガマットなどを床に敷きます。ないときは、バスタオルなどで代用しましょう。そのまま寝転ぶと、尾てい骨や肩甲骨などが床に接触して痛む可能性がありますので、あらかじめ養生しておいてください。

STEP2

ステップ2のイラスト

壁の前で仰向けに寝転びます。肩や頭は床につけたまま、お尻から太もも、ふくらはぎ、かかとを壁につけて、骨盤から上を床から垂直に上げます。上半身を床に、下半身を壁に沿わせて天井に向かって伸ばした姿勢です。

STEP3

ステップ3のイラスト

腰が辛いときは、手で支えてもかまいません。大丈夫な方は、手を体の横に自然に伸ばしておきます。ストレッチは簡単です。壁に沿わせている両足を少しずつ開きます。膝が曲がらないところまでゆっくりと、壁から足やお尻が離れないように広げてください。足の重みと重力で、力を入れなくても伸びます。

STEP4

ステップ4のイラスト

足全体、股関節にストレッチ効果を感じているところまで開いたら、腹式呼吸を意識しながら20秒維持し、ゆっくり閉じます。頭に血がのぼると体調不良を起こす危険があるので、1セットやったらゆっくりと下半身をおろして休憩してください。体調次第で、数セット行うか、1日に数回に分けて取り組んでください。