ウォーキングで引き締まった身体になる方法

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 運動

2018年1月29日

通勤で一駅先の駅まで正しく歩いてみる

「ダイエットのために運動をしてみたいけども、お金をかけたくない」ともう方は少ないでしょう。そこで日ごろできることが『歩くこと』です。いつもより長く正しく歩くことで、身体も引き締まり基礎代謝も上がりダイエットのサポートをしてくれます。また自然と背筋も伸び姿勢がなることによって、身体の光の当たる場所が変わり明るく見えることで若返って見えます。まずは通勤時間に最寄駅から混んでいる電車に乗らずに、音楽を聴きながらリズミカルにウォーキングをはじめてみましょう。

STEP1

ステップ1のイラスト

視線はまっすぐ顎は少し引き気味にします。背筋を伸ばし少し胸をはって、背中を壁にくっつけるような気持ちでおなかに少し力を入れましょう。

STEP2

ステップ2のイラスト

歩くときはかかとからついて、親指の付け根に向かって重心移動をしましょう。正しい重心移動によって正しい筋肉が鍛えられます。

STEP3

ステップ3のイラスト

歩幅は普段より広めにして速度も息切れしない程度の早歩きにしましょう。程よい早歩きは有酸素運動になり、脂肪が燃焼してカロリー消化を促します。

STEP4

ステップ4のイラスト

腕は少し意識して大きめに振りましょう。そのことによって二の腕が引き締まります。