腸内をデトックスしてくれるゴボウは飲む派?食べる派?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣

2018年5月12日

ゴボウはどうしてデトックス作用があるの?

身体のデトックスに欠かせないのは腸内をキレイにしてくれる食材を摂ることです。腸内環境が悪いと便秘や肌荒れの原因になりますね。デトックス作用のある食材は便通を整え、腸の動きを良くしてくれます。デトックス食材代表のゴボウは豊富な食物繊維が含まれ、さらに腸内の善玉菌を増やす働きがあります。体内に溜まった不要な水分や老廃物を体外へ排出し、腸内をリセットして身体の中からデトックスしてくれるのです。ゴボウは飲んでも食べても効果があります。効果的な摂取方法を紹介しますので自分に合ったゴボウの活用術を見つけて下さいね。

ゴボウはお茶と普通に食べるのとどっちが効果的?

ゴボウはお茶として飲むのと食事として食べるのと、効果は何が違うのか気になるところですね。実際の効果はあまり変わりませんが、飲むメリットは何といっても手間なく気軽に飲めて、ゴボウの栄養をしっかり吸収できる点。食べるメリットは、野菜不足の解消やお腹の中でゴボウの繊維質がカサ増ししやすい特徴から、腹持ちしやすいです。また、ゴボウは歯ごたえが良く咀嚼の回数が多くなるので、満足感が得られやすい特徴が。ただ、繊維質が多いため食べ過ぎ、飲み過ぎには注意を。腸が刺激されて、人によってはお腹が緩くなりやすいです。

手軽に作れるゴボウ茶で便秘もスッキリ解消!

ゴボウ茶はドラックストアやネット販売などで購入できますが、値段が気になるし、自分でも作れないかな?と思う人はご安心を。少々手間はかかりますが、経済的に、自分好みに済ませる方法はあります。作り方のコツは、皮に栄養素が含まれているのでまずゴボウを皮付きのままスライスします。そして、天日干しにして水分をなくし、サポニンを含む栄養素を凝縮させます。その後、フライパンでそのまま5分程炒めて焙煎です。出来上がったら熱湯に入れて、色が出るまで蒸しましょう。自分の好みの濃さにして、毎日のデトックス週間を続けてみては?

簡単調理でお腹も満足のゴボウ料理

ゴボウの泥つきは洗うのもおっくうだし、アク抜きとか、包丁で切りにくいから面倒…という人は市販でカットされているパックのゴボウもあります。でも、栄養価を優先するなら自分で最初から調理するのがおすすめです。調理のポイントとして、ゴボウはさきがきのように薄く細く切らなくても十分栄養価は損ないません。むしろカットの大きい方が咀嚼回数は増え、満腹中垂が刺激されてダイエット効果が高まります。カットしたゴボウは繊維を壊さないように弱火でコトコト時間をかけながら煮て、スープや煮物にして数日分まとめて作りましょう。