体脂肪はなぜ増える?原因を知ればダイエットも容易に

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 食事

2017年9月1日

体脂肪って何?

体のあちこちに脂肪がついていると、スタイルが悪く見え、体重が増える要因になります。ダイエットをする際には、その余分な体脂肪を落としてスッキリとさせる目的を持つ方も多いことでしょう。そもそも体脂肪とは何かというと、主に脂肪細胞に蓄えられた脂肪です。そして体脂肪率とは、体重の中で脂肪が占める割合のことを指します。脂肪は何の役割も持っていないわけではありません。体温やホルモンの働きを保つ働きや、エネルギー源を蓄えるなどの働きを持っているため、体には欠かせないものなのです。

体脂肪は多すぎても少なすぎても良くない

体脂肪は体に必要なものではありますが、体脂肪率が高すぎると肥満と判断され、健康を害する恐れがあり、特に生活習慣病を引き起こすことも考えられます。逆に体脂肪率が低ければ良いわけでもなく、ホルモンバランスの異常や筋力・体力低下の原因になることもあります。体脂肪を落とすのならあくまでも適正数までで、過剰なダイエットで体脂肪率を減らすのは、健康を考えても良いことではないといえます。適正体脂肪率の上限は男性25%、女性30%です。下限の目安は、男性5%、女性15%とされ、これを下回ると健康を害する可能性が考えられます。

体脂肪が増える原因とは

体脂肪が増えやすい人には、運動の習慣がない、アルコールを摂取することが多い、喫煙の習慣がある、食生活が乱れているといったいくつかの特徴があります。これらの特徴が当てはまらないとしても、体脂肪が増えやすくなることがあります。また、加齢が体脂肪増加の原因となっていることもあります。たとえば、食事の量が若い頃からまったく変化がない方は、加齢によって基礎代謝が減っているにもかかわらず摂取するカロリーは変わらないため、体脂肪を溜め込みやすい状況になってしまうのです。その場合は、食べた分だけ運動をする習慣を身につけるとよいでしょう。

日常生活からできる体脂肪を減らすための方法

体脂肪を落としてダイエットをするなら、健康的に行いたいものですね。そのためには、適度な運動とバランスの良い食事を心がけることは基本といえるでしょう。食事で摂取したカロリーを運動で消費するということは、ダイエットの基本ですが、なかなかできていない人が多いものです。そんな時は、脂肪の原因となる炭水化物や糖質を制限するなどの食事での工夫に加え、日常的に体を動かすような習慣を増やすなどすると、無理なく体脂肪の元をカットし、ダイエットにつなげることができるでしょう。