あきらめないで。整形しなくても小顔は作れる!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 部分痩せ

2018年1月10日

生まれ持った顔の大きさを理解しよう

可愛い、美人な女性の特徴として必ず挙げられるのが「小顔であること」ではないでしょうか。もともとの輪郭が小さい人は日々のマッサージやメイク、ヘアスタイルなどによって、より小顔をアピールできることでしょう。しかし、遺伝による顔の大きさや、顔のエラが張っている人が、小顔に見せるのはなかなか難しいです。よって、生まれもった自分の顔の大きさやバランスを理解したうえで“いかに小顔に見せるか”ということが大切なのです。美容整形によって骨を削ったり、ボトックス注射をすればいくらでも小顔を作ることはできます。しかし、それにはお金がかかる上精神的な不安がつきまとうもの・・・整形以外で小顔になるにはどうしたらよいのでしょうか。

今のサイズより小顔にするためにやるべきこと

毎日の生活に気軽に取り入れることができるものとしてオススメしたいのが「小顔マッサージ」です。リンパを流して血流を良くすることでむくみの改善にも繋がります。やり方は様々ですが、ポイントは顔にあるリンパに沿って優しく行うこと。他にも、むくみの原因となる塩分の強い食べ物を摂取しすぎないことも大切です。マッサージだけ行っていても暴飲暴食をしているようでは、小顔になることは永久にないといっても過言ではありません。こちらのサイトでも紹介しているように、むくみに効果的な食べ物や痩せ体質になる食べ物を調べて毎日の生活に取り入れることから始めてみましょう。

メイクやヘアスタイルを研究することも大切

いくら小顔の人でも、メイクやヘアスタイルによっては、顔が大きく見えることもあるくらい日々のメイクやヘアスタイル、ファッションにより顔の印象は大きく変わります。小顔に見せるためにも、メイクやヘアスタイルを常々研究することはとても大切なことです。お金をかけて美容整形をしなくても日々の努力や見せ方次第でいくらでも小顔に見せられるのです。努力はしたくない方や、お金をかけてでも確実に小顔にしたい場合はどうぞ美容整形をご検討ください。ご自身の力で小顔を手に入れることを考えている場合は、これまで以上にメイクやファッションを調べるようにしましょう。

大きな顔を愛してあげるのも一つの手段

過去に、他人から顔が大きいことを指摘された経験がある方は、大きなコンプレックスを抱えている可能性が高いといえます。小顔メイクやファッション、小顔エステなど試せるものはすべてやり尽くした方もいるでしょう。それでも顔に対するコンプレックスが消えない場合は、思い切って自分の顔が大きいことを受け入れてみましょう。筆者も顔のある箇所を幾度となく指摘されてきたのでコンプレックスを抱える気持ちはとてもよくわかります。しかし、このコンプレックスは美容整形でメスを入れない限り解消されないこともわかっています。もうどうにもならないなら、せめて悪化しないように、目立たないように自分のできることをするだけなのです。