なぜ寝る前にストレッチをするとダイエット効果があるのか?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣

2018年1月14日

ストレッチだけでもダイエット効果がある

まず、寝る前でなくてもストレッチにダイエット効果があります。運動不足な生活を送っていると、筋肉の血流が悪くなります。そのため、脂肪の原因になる老廃物が体内に溜まりやすくなるのです。しかし、ストレッチをして筋肉を刺激すると、筋肉の血流が良くなります。その結果、老廃物が流れやすくなるため、ストレッチがダイエットに最適といわれるのです。しかし、寝る前のストレッチでないとダイエット効果はそれほど高くありません。それでは、なぜ寝る前のストレッチだとダイエットに効果的なのでしょうか?

寝る前にストレッチをすると良質な睡眠が取れる

現在、仕事や人間関係でストレスを感じる人が多くいます。ストレスが溜まると、「仕事のご褒美にケーキを食べちゃおう!」「もう今日は飲まずにはやってられない」と大好物の甘いものを食べたり、やけ酒などの暴飲暴食をしてストレスを解消しようとします。しかし、寝る前にストレッチをすることと、心身ともにリラックスした状態になります。そのリラックスした状態のまま、ベッドに入ると良質な睡眠を取ることができます。良質な睡眠を日常的に取っていれば、ストレスを減らすことができ、暴飲暴食に走る恐れも無くなるのです。

良質な睡眠は成長ホルモンを多く分泌させる

また、良質な睡眠を取ると、ストレスを減らすこと以外にもダイエットに有効な働きをします。それは、成長ホルモンの分泌を活性化させることです。成長ホルモンは、人間が寝ている時にカロリーを消化してくれます。成長ホルモンをドンドン分泌させれば、激しいトレーニングや食事制限をしなくても痩せることができるのです。夜更かしが多い人や寝不足気味な人が太りやすいのは、この成長ホルモンがあまり分泌させれていないのが主な原因です。そのため、寝る前にストレッチをして良質な睡眠を取って、バンバン成長ホルモンを分泌させて痩せましょう。

お風呂上りがストレッチのゴールデンタイム

寝る前のストレッチは、お風呂上りにすると効果的です。お風呂上がりだと身体が温まっているので、筋肉は伸びやすくなっています。そのため、ストレッチの効果も上がります。筋肉の伸びが大きければ、血流も良くなるので老廃物の流れがより良くなります。また、部屋が明るすぎるとリラックスしづらいです。部屋の照明にも気をつかい、アロマを焚いたりして、よりリラックスした空間を作るのもおオススメです。リラックスできる空間でストレッチをすれば、さらに良質な睡眠が取れ、成長ホルモンが分泌されるはずです。