リバウンドしちゃった!体重を戻す為にやるべき3つのこと

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣

2018年2月2日

どうしてリバウンドっておこるの?

どうしてリバウンドしてしまうのか、まずその原因から明らかにしましょう。理由は大きく2つあります。まず一つ目に「恒常性の働き」、ホメオスタシスと呼ばれるものです。これは人間の身体が「一定の状況を保とう」とする働きの事です。ダイエットして身体が栄養素が足りない、ピンチ!と感じます。その後、元の食生活に戻すと一気にエネルギーを取り込もうとしてしまうのです。二つ目に「基礎代謝の低下」があります。食事制限をメインにしたダイエットをすると、身体の筋肉量が減ってしまいます。そうすると脂肪を燃焼しにくく溜め込んでしまいます。"

体重を戻す方法その1「筋肉量を増やす」

身体の筋肉量が増えれば「基礎代謝」が上がります。脂肪を燃やしやすい身体にするには、基礎代謝を上げるのが一番!そのためには筋肉量を増やす必要があります。食事制限のみのダイエットをしていた方は、脂肪だけでなく筋肉量も落ちてしまっている可能性が高いので、筋トレを毎日の生活に取り入れましょう。ダイエット=有酸素運動と言うイメージがありますが、筋肉量を増やすには有酸素運動ではなく筋トレが必要になってきます。リバウンド後につきやすいお腹やお尻に効く筋トレを行えば、筋肉量を増やしつつ部分痩せも可能なのでオススメです!"

体重を戻す方法その2「タンパク質を摂る」

リバウンド後、積極的に摂取していきたいのが「タンパク質」です。理由は、筋肉量を増やしたいというところにあります。筋肉量を増やし基礎代謝を高めるには、筋肉の「元」となるタンパク質を積極的に摂取する必要があります。鶏のササミは良質なタンパク質を多く含んでいます。コンビニでもサラダチキンといった形で販売されていますし、手ごろに入手できるのが良いですね。また、赤身の肉、大豆製品もオススメ。筋トレをする時にプロテインサプリを摂取するのも効果的です。

体重を戻す方法その3「よく噛むこと」

ダイエット後、リバウンドした状態と言うのは満腹感を感じにくくなっています。そのため、食事の際は「よく噛んで」食べるようにしましょう!咀嚼回数が増えれば、満腹中枢が刺激され空腹感を感じにくくなります。食事を開始してから満腹中枢が刺激されるには時間が必要です。なので「ゆっくり食べる」事も習慣づけましょう。リバウンド後は、焦って極端な食事制限をしがち。焦燥感にもかられやすい時期でもあります。ただ、今回ご紹介した3つを意識しながら生活すると、リバウンドしてしまった体重を戻すことができるはず!是非試してみてくださいね。