本気でダイエットを成功させたいなら絶対におさえておきたいデトックス4か条!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣

2018年2月7日

その1「白湯」を飲むこと!

デトックス=身体の毒だし!デトックス4か条その1は「白湯」です。白湯を飲むことは、デトックスを行うのに簡単で効果的な方法の一つです。体を温め代謝が良くし、食べたものの消化吸収を助けてくれます。更には、腸をキレイにしてくれる効果もあります。これらのことから、毒だし体質になる第一歩として実践して欲しいのが白湯を飲むこと。目安は、1日にコップ3~5杯程度。毎日飲むように心がけましょう。身体が温まった状態でいると、消化力が良くなります。冷えは天敵ですので、身体の外だけでなく内側から温めていきましょう。

その2「消化時間」を覚えて食べる時間を考えデトックス!

食材を摂取してから、身体の中で消化されるまでの時間を「消化時間」と言います。この消化時間は食材により異なります。お肉だと腹持ちが良くて、果物だと軽いなと感じるのはこの消化時間のあらわれです。それではここで各食材の消化時間をまとめてみましょう。

1)果物:20~30分

2)野菜:1~2時間

3)炭水化物:8~12時間

4)タンパク質:10~24時間

コツは、早い時間のうちに消化時間の長い食材を摂取することです。つまり、夜遅い時間の炭水化物やタンパク質を避け、野菜を多めに摂取するといった生活を心がけましょう。"

その3「デトックスに不向きな食材を覚えよう!」

デトックスに向いていない食材がいくつかあります。一般的には健康的な食材といわれているものでも、デトックスには向かない食材があるなんでビックリ!それではご紹介していきますね。

1)納豆・オクラ・山芋・バナナ

「粘り気がある食材」がデトックスにおいてあまり向いていないとされています。ただ、時間帯さえ気を付ければ食べてもOK!お昼は消化力が良いので、粘り気の強い食品はランチに摂取しましょう。

2)甘いもの

甘い物の摂りすぎは毒だしを邪魔してしまいます。もし甘い物が欲しくなったら、はちみつか黒蜜がベストです。

その4「旬のものを食べる!」

旬のものは食材そのものに含まれる栄養素・滋養が高く、値段も安いとメリットがたくさん!旬の野菜や果物をメニューに取り入れていきましょう。ここで旬のものを選ぶ時のポイントを3つご紹介します。

1)地元のもの

2)消化力を助ける葉もの

3)ゴボウ・イモ類は控えめに

これらの3つのポイントをおさえながら、旬の食材と一緒にデトックスに取り組んでみてください。手作りの野菜&フルーツジュースやスムージーなども効果的です。

デトックス4か条をおさえて、体だけでなく心までスッキリと爽やかに!健やかなライフを送ってくださいね。