頭を空っぽにすれば心もスッキリ!いつものヨガに瞑想を加えよう

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣

2018年2月20日

運度前は誰もが葛藤するもの

あらゆるダイエットメソッドは、続けることが大前提。ダイエッターの中には有酸素運動や筋力トレーニングを継続させるために、Ipodなどの音楽プレーヤーを用いる方も多いと思います。トレーニングの苦しさを少しでも紛らわせるための必需品と言えますが、それでも運動を開始する前は、誰もが億劫さや憂鬱さを感じてしまうものです。そう感じる理由は、ズバリ運動をしたくないという心理がはたらいているから。そして苦しさを伴わなければ痩せられないという、「我慢」と葛藤してしまうからです。運動前は、毎回この葛藤との闘いが必要不可欠・・・なのでしょうか?

ダイエット=苦しいという考えは時代遅れ

答えはNOです。ダイエットは苦しいという考え方・時代は、ヨガの流行と共に終止符を打ちました。ヨガはダイエットメソッドのひとつとして有名ですが、その効果はボディメイク・減量だけに留まりません。ストレス解消やリラックス効果など、外面・内面共に大きなメリットを与えてくれます。ライフワークにヨガを取り入れるダイエッターの中には、ヨガをしない日は何だか落ち着かないと感じる方も少なくないでしょう。ヨガの流行は10年以上前に遡りますが、その人気は今でも継続中。そして女性を中心にヨガが愛される理由は、やはり絶大な効果への実感があってこそ、と言えます。

「続けなきゃ」が「続けたい」に変わる瞬間

ヨガは、ゆっくりとした動作で様々なポーズを行うことが基本。そしてそのメソッドをDVDつきの教則本で学ぶ方もいれば、ヨガスクールでプロの指導を受けながら習得する方もいます。もちろん習得方法の選び方は個人の自由ですが、何よりも大切なのがヨガを継続させること。そしてヨガの場合、一般的なダイエット法と違う点に「続けやすさ」があります。その理由は、様々な呼吸法でリラックス効果を得ながら、ボディライン・体重の変化を楽しむことができるからです。ダイエット効果には個人差がありますが、日頃のストレスが吹き飛ぶので今後も続けたいと思えるようになります。

メディテーションの効果は想像以上

ヨガに瞑想を加えた、メディテーションと呼ばれる方法には驚くべき効果あります。集中力・記憶力の向上や安眠効果、トラウマの解消など、精神面を整える効果があるのです。ストレスの多い現代社会に生きる私たちの脳は、雑念だらけ。雑念が災いし寝つきが悪かったり、注意散漫になる方も多いと思います。ヨガに瞑想を加える真の目的は、思考をストップさせ雑念を取り払うということ。そう、瞑想で思考を止めれば、脳内のお掃除ができると言っても過言ではないのです。最初から瞑想状態になることは困難ですが、一度成功するとやみつきになり、ヨガもより一層続けやすくなります。