たるみを解消!効果抜群なリフトアップメソッドをご紹介

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 部分痩せ

2018年2月21日

「痩せる」ではなく「引き締める」を目標に!

ダイエットを決意する動機は人それぞれ。気になる男性へのアプローチや、トレンドファッションを購入したいという目的のために、日々運動や食事制限に励む方も多いと思います。しかし勘違いして欲しくないのが、痩せること=美しくなると思い込むこと。過度なダイエットが災いし、美しくなるどころか顔のシワを増やしてしまうケースがとても多いからです。たるみが目立つボディラインやフェイスラインを、誰が美しいと賞賛するのでしょうか?そう、ダイエットは「痩せる」ではなく、「引き締める」という考え方がベターなのです。

リフトアップに目を向けよう

ダイエッターの中には、減量できれば顔が小さくなるのでは?と考える方も多いと思います。確かにある程度減量することで、顔がひと回りほど小さくなるケースもあります。しかし、それは目に余る肥満体型である場合のみ。世の中にはさほど太っていなくても、痩せたいと願う方が巨万といます。モデルのような体型を目指すべく、過度な食事制限を行う方がとても多いのです。そしてこの行動が、顔のたるみの引き金となります。顔のたるみが目立つようになると、年齢よりも老けた印象を与えることに。標準体型の方は、ダイエットではなくリフトアップに目を向けるべきなのです。

美顔ローラーが大人気!

美容面におけるリフトアップとは、顔のたるみを持ち上げるメソッドが一般的です。そしてネットや家電量販店には、様々なリフトアップグッズが販売されています。中でも美顔ローラーは顔の引き締めに効果的と言われ、日頃のお手入れのために購入する女性が後を立ちません。おすすめは、微弱電流やマイクロカレントを発生させるタイプのもの。その価格はピンからキリまでありますが、人気のある商品は15,000円以上が相場になっています。どれを選んで良いのか迷ってしまう方は、家電量販店などで使い心地を試した上で購入すると良いでしょう。

セルフケアでたるみを解消しよう

プロのエステティシャンによるハンドマッサージも、リフトアップを叶える人気の高いメソッドです。しかし即効性がある分、その費用も高額になります。お金をかけずにリフトアップしたい方は、以下の簡単メソッドを参考にしフェイスラインをキュッと引き締めましょう!まず、両手の親指を顎の下に入れてください。そのまま10秒間、親指を上部に押し上げます。そして再度親指の位置を横にずらし、10秒間力を込めて押し上げたら終了です。自宅で出来る簡単なセルフケアになりますが、リフトアップやたるみ解消の効果は抜群ですよ!