白湯で安全にデトックスしよう!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣

2018年3月26日

デトックスと美容の関係

デトックスは直訳すると「解毒」という意味を持ちます。しかし日本語では「老廃物を排出する」「不要なモノを体から出す」という感覚で使われていることが多いようです。最初は美肌のために便秘を治すとか、利尿効果のある飲み物を多めに摂るという行為をデトックスとしていましたが、近頃は「ダイエットのために代謝を良くする」ということも同じ意味合いで解釈されるようになってきました。デトックスの最大の目的は肌トラブルを減らすこと。便秘などによる不調を防ぐと期待されています。その副効果でダイエットも望まれます

自分に向いているデトックス方法を探しましょう

デトックスにはさまざまな方法があります。水分をたくさん補給する、汗をかくなど。いずれも代謝を良くするために、体に適度な負担をかける方法です。しかし水をたくさん補給する「ミネラルウォーターデトックス」は、体質によって不向きが出てしまうことも。もともとはアメリカ人など、体格の良い人が行うデトックス方法です。繊細で小柄な日本人ですと、体が冷えて逆に脂肪が付きやすくなるという悪循環もあり得ます。ただし体温が高めでなんとなくほてりやすいとか、便秘気味なタイプはミネラルウォーターデトックスを試してみるのもよいでしょう。

日本人向き白湯デトックスのダイエット

「白湯(さゆ)デトックスダイエット」は、以前ミニブームになりました。これは評価が高く、日本人に向いているとされています。白湯とは、温水のこと。やり方は簡単です。毎朝800mlの白湯をゆっくり飲むこと。白湯の温度は50度くらいに抑えてください。温める水は水道水で大丈夫。コツとしては、空腹時または食後40分以上経過してから飲むことと、ゆっくり10分はかけることです。熱湯やお茶ではいけません。ただ白湯を飲んで、じんわり汗をかいたり利尿効果を待つだけです。簡単ではありますが、継続してこそのデトックスダイエットなので、焦らずに行きましょう。

さまざまな効果を期待できる白湯の恵み

ヨガ講師もおすすめする白湯デトックスダイエット。何も含まない白湯を飲むと、刺激に慣れてしまった味覚本来の力を取り戻せるのだそうです。辛みや油分で疲れてしまった味覚が、白湯によって正常に近づけられるという説があります。味覚は本来とてもデリケートなもの。また、ゆっくり飲むという行為に集中することによって、平常心を保つ作用もあります。ストレスや喧噪から離れて、できればスマホの電源をオフにし、ただゆっくりと自分を見つめなおす時間も必要なのかもしれませんね。そのまま心の中のモヤモヤもデトックスしましょう!