腸もみプラスアルファでさらにキレイになろう!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣

2018年3月31日

腸もみとは何ですか?

最近気になるワードとして「腸もみ」というものがあります。これはズバリ、お腹をマッサージして腸を刺激することを指します。健康を目指したり、ダイエット効果を期待します。決して外科的な行為ではないので、安心してくださいね。いろいろな方法がありますが、基本的には「気持ちいい感じ程度にマッサージをする」のが重要です。急いでお腹を押したり、ギューギューと強い圧力を加えて早めに効果を狙ったりしないでください。生理中や満腹感のあるときはやめましょう。自分の体調と相談しながら、ケアをする感覚で腸もみを行ってくださいね!

簡単な腸もみのやりかた

腸もみをするためには、まずあおむけになってリラックスしてください。次にお腹全体を手のひらで押していきます。「ここは硬いかな」「痛みがあるかな」など確認しましょう。そのままゆっくりと、お腹全体を時計回りにさすります。手でお腹を温めるイメージです。お腹がほぐれてきたかな、と感じたら、硬いと感じたところを集中してさすります。痛みがある場合は、あまり力をいれないでください。気持ちいいな、と思えるくらいになって、硬さが少しでも減っていたら、そこでおしまいにします。

大事なのは気長に行うところです。

腸もみをしながら体調観察をしよう

腸もみの効果がハッキリ出るのは、数ヶ月から半年後という説があります。寝る前に行うなど、習慣的にすると良いでしょう。あまり急いで結果を期待するより「自分の体調観察」のような感覚も持ち合わせると、健康への相乗効果を狙えます。お腹に硬いところが多かったり、便秘が続くようであれば、何が原因なのかと考えられるでしょう。例えばスナック菓子を食べ過ぎた、やや運動不足、など。また、お腹をさすりながら自分をいたわると、気持ちも落ち着いて笑顔になります。健康的でステキな笑顔は、美しいと評価されやすいものですね。

食べ物と一緒に腸を管理するとさらに効果的!

腸もみだけに集中するより、普段の食生活にも注目してみましょう。腸に良い栄養素の代表は「食物繊維」です。便秘がちかな、と気づいたら、シリアルなどで補充すると効果的です。

次に乳酸菌、オリゴ糖もおすすめします。腸内の細菌環境が良くなると、健康にも影響が与えられ、健やかな生活を楽しみやすくなるのです。ちょっと自律神経的な不調が気になるかな、と思う人はビタミンB群を足して摂取すると、気分が落ち着きやすくなります。できれば温かい飲み物を意識的に選ぶ、軽い運動を定期的に行うなどして、腸から全身を整えましょう!