『ダイエットを始める準備』でダイエットをより効果的にしよう!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣

2017年9月10日

具体的な目的とゴールをイメージすること

試験勉強は目標の点数、受験勉強は試験に合格すること、資格は取得することなど何事にも目的やゴールを目指すことによって人間は努力します。ダイエットも同じように、どのくらいの期間で体重の減量やどのようなスタイルになりたいのか具体的なイメージをもつことによって、目標達成に向かってモチベーションが上がり励むことができます。

しかし、無理な目標設定によっての減量や過激なトレーニングは逆に身体に害を与えてしまい病気やケガを招き、生活に支障をきたしてしまうなどの失敗に終わってしまいますので十分に注意しましょう。

自分の現状を知って計画を立てること

計画を立てるには今の自分を見ることが何よりも大切です。例えば、体重計を持っておらずにしばらく体重計に乗ってない方は、まずは体重計に乗って自分の体重を多い少ない関係なく毎日測ることを習慣づけましょう。そしてダイエットは体重だけでなく体系も変わるので、お風呂上りなど普段から自分の身体を全体的に鏡でみる習慣や癖を身に着けましょう。

そうすることによって、ダイエットを始める前から自分の現状がわかる上に、ダイエットを始めたときにも記録も取ることや常に自分の状態を確認できる習慣もでき、違和感なくスムーズに進めることができます。

数値ばかりにとらわれないこと

目標設定時に「マイナス○○キロ!」と決めた方、ちょっと待ってください。体重の数値だけ目標としてしまうことは少し危険なことでもあります。簡単に説明すると筋肉や骨に比べて脂肪は軽く、同じ重さで面積が広いのは脂肪なので減量中に見た目が変わらないということは筋肉が落ちている可能性があります。

数値で目標を立てたい方は、体重は『体の全体的な重量』なので、体脂肪率の減量数値や筋肉量を増加の数値の目標を具体化することで失敗や危険なダイエットを回避できます。さらに見た目の変化が出る方法でもあります。

無理な計画によって心にストレスを与えないこと

ダイエットを始めてから「~しなければいけない」というストレスや「予定の数値にならない」と落ち込んでしまって止めてしまい失敗してしまう人は少なくありません。

そのためには計画を立てすぎないこととお休みの日を作りましょう。数値はホルモンの関係でも多少変動することもあるので細かい数値の変動は多少見逃すことも必要なときもあります。ダイエットは目標と計画を立てることが成功の近道になりますが、維持するためには『習慣』へと変えていくことが肝となっていきます。まずは現状の自分を知り、習慣にできるような食生活と適度な運動を取り入れてみましょう。