なぜ朝は顔がむくむの?むくみ予防に効果的な朝習慣でスッキリ!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣

顔がむくむ原因にはさまざま!

朝の顔のむくみを見てげんなりする人も多いのではないでしょうか。むくみは皮膚の下にある細胞同士の間に水が溜まることが原因です。水が溜まるのは塩分や水分の摂りすぎが考えられます。体内の塩分濃度がアンバランスだとむくみやすいのです。そして、アルコールの摂りすぎは体内の水分量が減りますが、喉が渇いて水分を飲みすぎたり、お酒に合う塩分の多い食事でむくみやすくなる原因に。生理前も同様です。これは、女性ホルモンの分泌の増加により、体が水分を溜め込みやすくなるためです。こうした顔のむくみにはどのようなケアが最適でしょうか?

肩こりや首回りのマッサージで血行を促進!

朝は忙しくて、むくみケアをゆっくりできない!と思う人が多いと思いますが、時間をかけなくてもむくみケアは可能です。むくんでいる時は、肩や首の筋肉が固くなっていることが多いのです。簡単なストレッチで余分な水分や老廃物を流し、スッキリ顔に戻りましょう。


首を右回り、左回りと、左右3回ずつゆっくり首を回して筋肉を伸ばしましょう。そして、両肩をすくませるように耳に近づけて、一気にストンと落とし、これを何回か繰り返します。


痛みを感じる時は無理をしないで、自分が気持ちいいと感じるペースで鼻呼吸しながら行いましょう。

簡単マッサージで気持ちよくリフレッシュ!

手のひらで顔をマッサージすれば、気持ちよくむくみが取れて化粧ノリもアップに。洗顔後の乳液やクリームを塗るタイミングを利用してマッサージするのがおすすめです。


人差し指、中指、薬指の3本を使って顔とデコルテまわりをマッサージ。両側の鎖骨のくぼみ、首、耳のまわり、口、鼻、目のまわりからこめかみ、額を優しく滑り込ませていきます。


ポイントは優しくゆっくりなぞるように指を動かすと、肌に負担をかけません。鎖骨のくぼみなどはときどきゴリゴリしますが、これは老廃物が溜まっているサイン。指に力を入れずに優しくさすりましよう。

蒸しタオルで目元をスッキリさせよう

目元が腫れたようなむくみが気になることも多いのではないでしょうか。目元のむくみは温めてから冷やす温冷療法が効果的です。


蒸しタオルは濡らしたハンドタオルをレンジで数十秒温めればすぐに出来上がります。これを数分顔にあてます。そのあとに冷水での洗顔を行います。


忙しい時は1セットでも効果はありますが、数回繰り返すとより血行が促進されるのでむくみが解消しやすくなります。蒸しタオルの温かさが肌に染み渡って気持ちよく、顔全体がポカポカと温まるのは楽しい時間。また、毛穴の引き締め効果で美肌になり、化粧ノリも良くなります。