脱リバウンド宣言!繰り返さないようにするには?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣

ダイエットの基本を確認しよう!

ダイエットの基本は「ゆっくり」「無理をしない」「なるべくストレスをかけない」「運動を併用する」の4点です。ちょっともどかしい気もしますが、急激に痩せようとすると、体が身を守らなければという作用をし、結局脂肪がつきやすくなってしまうのです。強い食事制限や、激しい運動で痩せたとしても、モチベーションダウンによる気分の低下、そして栄養不足と察した体が、生き延びるために「脂肪を蓄積しなければ!」という働きを始めます。この時期はまた、過食しやすくなってしまうという、ダブルパンチ!そしてリバウンドという流れになりやすいのです。

極端な食事制限は厳禁

強く食事制限をしたり、食べるものを限ってしまうと、体脂肪は確かに減るでしょう。しかしそれと同時に筋肉も痩せてきてしまっていることはとても多いのです。筋肉は体の代謝のために必要なもの。それが減ると、やはり代謝が下がりエネルギーの燃焼もされにくい体質にチェンジします。次に始まるのが「少量の食事でも脂肪を蓄積する」という体の働きです。そうなると、ダイエットの停滞期から抜けにくくなってしまうのです。体重計に乗ってもなんだか気落ちしますね。この時点で多くの人がダイエットから離脱し始めてしまうのです。

筋肉量をキープしよう!

気持ちを高めればいいと、精神論で乗り越えるには厳しいものがあります。ダイエットは計算と効率によって勝負するもの。減らすのは体脂肪のみです。筋肉を落としてはいけません。ウォーキングなどの有酸素運動をしましょう。また、筋肉を作るために、たんぱく質を摂りましょう。バランスの良い食事またはサプリメントやプロテインで補助をすることをおすすめします。筋肉量が増えると、やや体重の増加がありますが、ここで注目すべきなのは「体脂肪率」のみです。体重が増えても、体脂肪率が下がっているのなら、ダイエットは順調と言えるのです。

普段の習慣から変えてみよう

まずは、いきなりダイエットを始めるのではなく「食事の時は野菜やサラダから順番に食べる」というシンプルな習慣を身につけると良いですね。そして朝はストレッチを必ず10分行うこと。一駅分多く歩いて通勤通学してみるなど「慣らしダイエット」から始めてください。「毎朝のストレッチが一か月続いた!」「一駅分歩くのが苦しくない!」と自覚(できれば記録)できたら、ステップアップしたダイエットを試しましょう。慣れないダイエットに焦ってしまうがリバウンドの原因になりやすいので、先にダイエットをするための下地を作っておきましょうね。