コレはむくみ?それとも脂肪?簡単セルフチェックと解消法について

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣

2018年9月9日

体重は減ったのに太って見える・・・原因はむくみかも

これは脂肪なのかむくみなのか・・・体重は同じでも、鏡の前ではその判別がつかないケースがあります。標準体重なのに太って見えてしまう。その原因は、実は脂肪ではなくむくみが原因なのかもしれません。そしてダイエットとまでは行かなくても、簡単なむくみ解消法でシェイプできる可能性が大。まずはセルフチェックでむくみであるか否かを判定し、各々に合った対策を行うことが先決です。これから、むくみのセルフチェックと様々なむくみ解消法についてご紹介します。おすすめサプリからデトックス法までレクチャーするので、興味のある方はぜひ最後までご覧ください!

むくみのセルフチェック方法

むくみのセルフチェックはとても簡単。まず、自身の指で足のすねをプッシュしてください。10秒経過しても皮膚が戻ってこない場合、むくみが発生している可能性が高いと言えます。また、ふくらはぎを掴んだ際にぶよぶよした感触があったり、衣類や枕などの型が長時間皮膚についている場合も同様。それらは、むくみである決定的な証拠です。むくみは通常、汗や尿などから水分を排出することにより解消できますが、個人の体質によっては完全に排出するまでに時間がかかる場合があります。また、むくみやすい体質か否かは、普段の生活習慣から読み取ることが可能です。

むくみの原因の多くは生活習慣

むくみは、体内に余分な水分が溜まることで発生します。そしてその原因も様々。塩分の摂り過ぎやアルコールの過剰摂取、冷えや便秘など、数え上げればきりがありません。そして何よりもいけないのが、これらの原因を放置し、むくみの状態を悪化させてしまうことです。最悪なことに、むくみの放置は「水太り」に繋がり、体内にある脂肪を肥大化させてしまいます。むくみ知らずの体型になりたいなら、普段からデトックスしやすい生活習慣を心掛けることが大切です。上記の原因を取り除くことが、むくみ改善への第一歩になるのです。

食習慣・運動に目を向けて。お風呂は湯船に入るのがポイント

むくみにくい生活習慣・・・それは栄養バランスの整った食習慣を心掛けること、この一言に尽きます。塩分をなるべく控え、野菜や魚・フルーツなど、体に良いとされるメニューを習慣化するよう意識しましょう。また併せて運動を行うことで、よりデトックスしやすい体質をつくることが可能です。もしも自炊する時間が取れないなら、サプリメントを活用し賢くむくみを解消してください。カリウムやメリロートなどがお薦めです。またバスタイム時はシャワーで済まさず、きちんと湯船に浸り代謝を上げましょう。運動する時間や気力が無い方は尚更、半身浴などで汗を流すことが大切です。