骨盤を正しい位置に戻そう!毎日少しずつ「骨盤ダイエット」

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣

2019年1月24日

骨盤の役割とは?

私たちの身体不調が骨盤の歪みから来ることをご存じでしょうか。骨盤は、身体の上半身と下半身を繋ぐ大きな役割を担っています。主に、子宮などの生殖器を守るのに骨盤は非常に重要な役割があります。

骨盤は、仙骨、腸骨、恥骨、坐骨の4つの骨から成り立っています。背骨の最下部になる腰椎と恥骨をつなぐ仙骨が歪むことが、骨盤の歪みに大きく影響しさまざまな身体の不調へと導きます。女性ならば、生理痛が重くなる、腰痛がひどくなる、不妊の原因にもつながるなど深刻な影響を及ぼします。

骨盤の歪みが身体のいたるところの不調の原因となり、さらには太りやすい体質となってしまいます。

骨盤が歪んでいるとダイエット効果が激減する!?

骨盤が歪むことで引き起こる主な症状として、肩こり、腰痛、冷え、むくみ、便秘、自律神経の乱れ、重い生理痛、生理不順などが挙げられます。

とくに、女性に多い冷えやむくみの症状は、血流が滞って代謝が著しく落ちている状態ですので、太りやすく心身の不定愁訴を引き起こしてしまいます。同じように、肩こりや腰痛、便秘なども体内の血流が滞っていることが原因です。

このような場合、ダイエットをしていてもなかなか痩せられない、効果を得られないことが多く、ダイエット効果を上げるためにも根本的に骨盤の歪みを矯正する必要があります。

骨盤矯正ストレッチで骨盤の歪みを改善!

腰回りのお肉が気になる、お腹が出てきた、太りやすくなった、なかなか痩せられないなどの症状とともに、身体の不調が続いている場合は骨盤が歪んでいるかもしれません。

骨盤を本来あるべき位置に戻すと、血流が促進され内臓の働きが良くなります。すると消化機能がアップし便秘が改善することで、痩せやすい身体へと変化します。さらに、姿勢が改善し、とくに下半身太りが改善されるなど嬉しい効果が期待できます。

このように、ダイエットと骨盤の関係は大きくつながっていると言えます。毎日少しずつ骨盤矯正ストレッチを生活に取り入れることで、気になる症状が改善できるでしょう。

寝る前の骨盤矯正ストレッチで歪みを矯正

では、就寝前の短時間でできるストレッチ方法をご紹介しましょう。

1. 両足を肩幅に広げ、骨盤を大きく円を描くように廻します。

2. 右回り、左回りそれぞれ30回ずつ行いましょう。

3.仰向けに寝た状態で、両手は横に置き、両膝を立てます。

4.息を大きく吐きながら、両膝が離れないように足を左右に倒します。左右それぞれ10秒ずつキープ。これを10~20回行います。

5.さらに仰向けの状態で膝を両手で抱えます。このとき、膝とおでこがつくようなイメージで上下に20回転がります。

就寝前のストレッチなので、ゆっくりとリラックスしながら行ってみましょう。