むくみをどうにかしたい。自分でできる対策とは?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣

2017年10月17日

むくみがなくならない・・・そんな悩みに

むくみの症状は人それぞれですが、気づいていないだけで本当はむくみ体質だという方もいるはずです。朝起きたら顔全体の元気がなくスッキリしない、指輪がきつく感じる、唇が腫れている感じがする、二重の幅が朝だけ違う、足をぎゅーっと押してみると指の形が残る・・・。こんな症状はありませんか。むくみの原因はさまざまですが塩分の取り過ぎも1つと言われており、健康の事を考えてもまず塩分の過剰摂取には気を付けたいもの。もちろん、それ以外にも自分でできるむくみ対策はたくさんあるので日頃からむくみにくい体を作ることを意識してみましょう。

塩分を控えるのにオススメの素材

塩分を控えて美味しいご飯を作るのはなかなか難しいもの。レストランに行けば味の濃いものがたくさん出てきますし、やはり塩分の濃いものはどうしても美味しく感じてしまうもの。そこで利用したいのが「だし」です。だしには塩分も含まれますが、うまみ成分が豊富に含まれています。その為、他に追加する塩分を少なくすることができますので、結果的に塩分の摂取を控えることができるわけです。このうまみ成分で十分に料理の味を楽しむことができるので、薄味が苦手という方も少しずつだしを使った減塩の料理にシフトしていくと良いでしょう。

むくみ対策サプリって?

むくみ対策に特化したサプリも市販されています。ドラッグストアやネット販売などで気軽に購入できるもので、きちんと成分などをチェックすれば安心して飲めるものがほとんどです。大手のサ健康食品会社なども積極的に販売をしていますので、自分で納得できる安心なものを選ぶと良いでしょう。むくみ対策サプリにはむくみだけではなく整腸に良い成分や美容成分などが含まれているものが多いので、嬉しい相乗効果が期待できるのが嬉しいポイントです。自分の目的に合ったサプリをゆっくり探してみるのも、コスメを選ぶ感覚で楽しめるのではないでしょうか。

体質改善が鍵!むくみには漢方もオススメ

むくみ対策として漢方薬を処方してもらうのもオススメです。漢方を専門に扱っているお店が街中にあるのを見かけたことがある方も多いでしょう。漢方専門店には、漢方に精通したスペシャリストに自分の体質に合った漢方を処方してもらうことができるので、人気店などでは予約が必須の場合があります。事前に問い合わせるのがよいでしょう。漢方は東洋人の体質に合うと言われており、日本人の体にも優しく働きかけてくれるものです。体質改善を促すものですので即効性は期待できませんが、体質を変えることを目的としているので様々な悩みにも対応できるはずです。