ダイエットの基本!消費カロリーと摂取カロリーとは?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣

消費カロリーと摂取カロリーを知る。

ダイエットで痩せる時というのは、消費カロリーが摂取カロリーを上回る時ですね。ダイエットの基本となるのが、この消費カロリーと摂取カロリーです。この関係を理解しておくことでダイエットが効率的に、坦々と進めることが可能になるでしょう。まず、消費カロリーとは私たちが日常生活によって活動する際に消費するエネルギーのことを指します。仕事や所属によって運動量が異なります。そして、摂取カロリーとは食べた物が体内に取り入れられるエネルギーをさします。ダイエットで痩せたいならば、消費カロリーを増やして、摂取カロリーを抑えることが基本となります。

基礎代謝分のカロリー摂取は必須!

ただ、単に摂取カロリーを減らすことが痩せることに繋がるとは限りません。基礎代謝量を上げれば痩せられるように、ダイエットの鍵を握るのは基礎代謝です。この基礎代謝は、じっと座ったまま、寝ている状態でも消費されるカロリーをさしますが、毎日の食事から摂取しなければ、かえって痩せにくい身体を作ってしまいます。人の身体は環境に適応して生きる能力があるために、カロリー消費が少なくても正常に身体を機能させようとし、基礎代謝自体を下げてしまいます。このことからも、摂取カロリーをただ減らすのではなく、基礎代謝量分のカロリーは必須ということです。

1日に必要な摂取カロリーを把握しておくこと!

一日に最低必要な摂取カロリー(基礎代謝量分のカロリー)を把握しておくことが大切です。基礎代謝量は、日本人の食事摂取基準標(厚生労働省)に基づいて表記されている、体重1㎏に対する年齢や性別の基準値を、「体重×基準値」の公式にあてはめて割り出します。だいたい1日平均1200kcalとされており、そこから自分の摂取カロリーを知るためには、「体重×25~30」で割り出します。筋トレやスポーツなどしっかり身体を動かしている人は、さらにしっかりとカロリー摂取することで基礎代謝量が上がり、結果痩せることに繋がります。

痩せる原則!消費カロリーを増やせ。

ダイエットの目標体重ですが、現在の体重の5%以内に抑えた体重を目標体重にすることがベストです。1カ月の目標は、体重50㎏の人は-2.5㎏減、60㎏の人は-3.0㎏減となります。

消費カロリーとは、要するに消費エネルギーの単位です。水1gの温度を1度上げるのに必要な熱量のことなので、カロリーが高いということはエネルギーが高いということになります。

同じ運動でも、ウォーキング、ジョギング、スイミングでは消費カロリーが異なりますが、消費カロリーは運動量に比例して高まることからも運動量を増やすことが近道ですね。