疲れを溜めない!睡眠負債は目のクマの原因に

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣

2017年11月9日

睡眠負債が溜まると疲れが溜まる

目の下のクマが出来るとなんだか疲れた顔の印象で、年齢も老けて見えてしまいます。疲れた顔の印象だけではなく、実際も疲れているのかもしれませんね。過労や睡眠不足が続くと、血流が滞ってしまい目の下にクマが出来てしまいます。目の下の皮膚は、最も薄いため静脈が透けて見えてクマになります。睡眠不足と同時に、ストレスなども血流を悪くさせてしまう原因になります。ストレスも目の下のクマの原因になるのですね。このように、目の下のクマに影響を与える睡眠負債とは、慢性的な寝不足が長期にわたって続き蓄積されたものをいいます。

睡眠不足は青い目の下のクマになる!

睡眠不足というと、1~2日程度の寝不足のことをさし、その解消も1~2日程度しっかりと睡眠をとることで可能です。一方、睡眠負債は慢性的な睡眠不足が長期間継続したものですから、そう簡単には解消出来ません。本来、人は眠っている間に身体や脳内の掃除をしています。睡眠時間が少ないと、体内の掃除が十分に出来ずに老廃物、血流が溜まってしまいます。

睡眠不足や疲労が溜まってくると、血行が悪くなり青いクマになってしまいます。目を酷使したときには赤い目の下のクマになることもありますが、睡眠負債の状態の場合は青い目の下のクマになって現れることが多いです。

目の下のクマの解消方法

目の下のクマを出来たままにしておくと、クマが定着してつねにクマのある顔になってしまいます。目の下のクマをなくしたい場合は、まずは血行を良くすることがいちばんです。それには、生活習慣を見直す必要があるかもしれませんね。疲労やストレス、目の酷使などがクマの原因の場合は、まずはしっかりと睡眠をとって休息をとることをおすすめします。慢性的な睡眠負債は、クマの元凶です。寝だめのようにまとめて寝て負債を返済出来れば良いのですが、それだけでは生活リズムが崩れて逆効果になってしまいます。生活の中で睡眠時間を定着させること、お風呂などでリラックスするなどで血行を良くしましょう。

若々しい顔を保つために出来ること

血行を良くすることで目の下のクマを解消出来るのですから、若々しい顔を取り戻すことが可能です。十分な睡眠をとり、入浴で血行を良くすること、首肩の凝りをほぐし、首筋、鎖骨などのリンパをマッサージなどで流すことも効果が期待出来ます。また、日常生活での工夫としてパソコンやスマートフォンの画面をのぞく時間を短くすることも大切です。タブレットの普及によって、日本人の睡眠時間が極端に少なくなっていること、睡眠負債が急増していることが大きな問題となっています。首、肩だけではなく身体全体の凝りをほぐし血行を良くすることが、クマの改善につながり、若々しい顔を保てるでしょう。