睡眠負債で肌荒れ?!肌の老化を早める睡眠負債とは

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣

2017年11月11日

睡眠負債で肌細胞の生まれ変わりが滞る!

睡眠時間の不足が続いたせいか、最近肌荒れがひどくなってきたなんてことはありませんか。そんなときは、知らず知らずの間に起きている睡眠負債のせいかもしれません。

睡眠負債による身体への影響が侮ることができないのは、寝ている間に細胞の生まれ変わりを促しているからです。寝ている間に分泌される成長ホルモンが、身体の代謝を上げ、免疫力を高め健康へと導きます。継続的に睡眠時間が不足している睡眠負債の状態では、細胞の生まれ変わりや日中に受けた細胞のダメージの修復が正常に行われなくなってしまいます。とくに、お肌にとっては大きなダメージとなって現れてしまいます。

日焼け、シミ、くすみ、肌荒れの原因に!

眠っている間に分泌される成長ホルモンは、細胞の生まれ変わりを促し、ターンオーバーを正常に導きます。また、紫外線やホコリなどの日中に受けた細胞のダメージを修復させるといった役割を持っています。その日受けたダメージをその日のうちに修復出来れば、紫外線によるシミやくすみ、日焼けなども解消、予防、改善されます。しかし、睡眠負債の状態では紫外線によって生まれた色素もそのまま回収されずにシミ、くすみ、日焼け、乾燥、肌荒れを引き起こします。肌や粘膜の再生が遅れターンオーバーが正常に行われないと肌トラブルに繋がってしまいます。

女性の老化を早める睡眠負債

睡眠負債の状態では、ダメージを受けた古い細胞も生まれ変わることが出来ずに留まり、長期間にわたり肌荒れも続くといったデメリットがありますね。また、睡眠負債の状態では老化を促進させる活性酸素を除去してくれるメラトニンの生成が滞ってしまいます。メラトニンは、活性酸素を除去しシミを防ぐ効果があるとされています。また、抜け毛や薄毛を促進させる、白髪を増やしてしまうなど老化を進めてしまう恐れがあります。睡眠中のメラトニン生成によって、細胞を健康に肌の老化を予防するため、女性にとって睡眠負債は美容の大敵とも言えるでしょう。

睡眠負債を返済して美肌に導く

髪のパサつき、肌のハリがなくなり、しわが急激に増えるといったように、睡眠負債の状態では美肌とは程遠い、肌荒れが続いてしまいます。老化現象などの身体への悪影響は、睡眠負債を返済することで健康に、そして美肌に導いていきます。睡眠負債を返済するには、睡眠時間を増やすことでしか返済出来ません。まずは、睡眠時間の確保と入眠方法を生活習慣の中に組み込むことですね。就寝前の食事を控える、入浴で温まってリラックスする、スマートフォンなどの画面を見ないなどの工夫が必要です。それと同時に、睡眠の質を高めることも重要です。寝る前の飲酒を控えるなど、あらゆる工夫をしてみましょう。