デトックスは腸内環境を整えることから!便秘を改善して太りにくい体に

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣

2017年9月1日

毒素や有害物質を排出して太る原因を改善するデトックス

健康に気を遣った生活を送っていても、体の中に悪いものが蓄積されていくことがあります。それが必ずしも健康を害するほど悪い働きを持つとは限りませんが、新陳代謝が悪くなるなどの弊害が生じることも考えられます。新陳代謝の悪化は太る原因になることも…。ダイエットを考えているのであれば、体の中から悪いものを出すべきでしょう。デトックスとは、その「悪いものを出す」ことを意味します。体の中から毒素や有害物質、老廃物を排出して体の状態を良くすることで、太る原因を元から改善することが期待できる方法なのです。

デトックスで排出されるべきものとは?

デトックスで排出されるものとして毒素、有害物質、老廃物というキーワードが頻出しますが、具体的にこれらはどのようなものなのでしょうか。食べ物に使われている添加物や野菜の残留農薬、タバコや車の排気ガスなどは毒素または有害とされる物質に当てはまります。そして老廃物は、生命活動において生成された二酸化炭素や消化されなかった食べ物、尿酸や乳酸などを指します。体に必要がないものは、通常は便や尿、汗などで排出されるのですが、悪いものを多く取り込んでしまった状態では、きちんと排出されずに体の中に溜まってしまうのです。

毒素が溜まる原因を知ろう

体に悪いものがたまってしまう原因は、いくつか挙げられます。最も多い原因は、便秘です。排出されるべき老廃物が長く腸内に留まってしまうと、毒素が発生して代謝を悪化させるだけではなく、さまざまな病気の原因を作り出してしまうこともあります。体の水分が足らなくなるとリンパや血液の流れが悪くなり、老廃物の排出も悪くなるといわれています。汗をあまりかかない場合も、汗で毒素や老廃物が排出されにくくなることから、悪いものを溜めやすい状態にしてしまうと考えられています。これらの原因を解消することが、体のデトックスにつながります。

腸内環境改善と白湯でデトックス

デトックスをするには、まず腸内環境の改善をして便秘を解消することでしょう。食生活を改善し、水分や食物繊維を多く摂るのが基本です。半日または1日、栄養を摂れる飲み物だけで過ごす、いわゆる「プチ断食」は宿便をキレイにできるとも言われていますが、食事をほとんど摂らない方法のため、不安がある場合は避けた方が良いでしょう。実行しやすいデトックスとして、白湯を飲む方法があります。沸騰させたお湯を50~60度に冷ましたものをゆっくりと飲むというもので、腸の蠕動(ぜんどう)運動の促進や基礎代謝を上げるといわれており、デトックス効果が期待できます。