マッサージ道具に頼らない!3つの方法で自然に小顔ダイエット

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 部分痩せ

2017年12月1日

むやみに道具を使うとかえって肌にダメージが

小顔になりたいからと道具を使い、たくさんマッサージしたからといって、必ずしも結果が出るわけではありません。特に道具を使った自己流のマッサージは、間違ったやり方をすると肌に負担をかけてシワやタルミの原因を作ってしまいます。肌を強く引っ張ったり、慣れない圧力を与えてしまうと、肌の繊維を傷つけてしまいまうからです。小顔になるためには、道具を駆使しなくても効果的な方法があります。正しい体操と運動で、顔の筋肉に働きかけることが大切です。これからご紹介する3つの方法を取り入れながら、無理なく小顔を手に入れましょう。

舌を使ってたるみをすっきりさせる体操

舌を使った体操はいつでもどこでもできるので、毎日続けやすく、移動中や家事の合間などでも気軽にできるエクササイズです。体操の方法は簡単で、口の中で舌を唇の裏側にぴったりとくっつけながら、唇の周りをぐるりと一周させてください。これを左右10回ずつ行えば完了です。この口周りの体操はほうれい線の表情筋を鍛えますのでタルミやシワ予防にもなります。表情筋は目や口などを動かす筋肉のことです。顔の印象は頰の肉付きや口角でだいぶ変わりますので、口周りの表情筋を鍛えて、顔を引き締めて口元がすっきりした印象の小顔を目指しましょう。

リンパのケアでフェイスラインをすっきり

顔のリンパマッサージは顔のむくみや老廃物の排出に最適です。顔のリンパ節はおもに耳の下やあごの下、こめかみや鎖骨などに集中しています。リンパ節を効果的にマッサージし老廃物を流すことでむくみのないすっきりとしたフェイスラインをつくります。まず指の腹で鎖骨リンパ節をほぐして耳下のリンパ節に向かって流していきます。あご下から耳下、口角から耳下、鼻の横から耳下も同じように優しい力で流して行きましょう。最後にこめかみ→耳下→首筋→鎖骨へ向かって全体的に流していきます。これを5回ずつ、お風呂の中やメイク前に行うと効果的です。

脂肪を燃焼させて顔のお肉を引き締める

顔の余分なお肉は脂肪燃焼によってすっきり減らすことができます。顔だけでなく体も全体的に引き締まるのでスタイルアップの効果が期待できます。体脂肪の燃焼は有酸素運動が効果的なので、できれば20分以上続けられる運動が理想的です。ウォーキングやサイクリング、ジョギングなど、自分の生活スタイルや体力に合ったスポーツを選びましょう。運動をして顔の脂肪が落ちていく順番としては、手足首、太ももや胸あたりが痩せてからになります。即効性がないからと諦めずに、顔のマッサージを取り入れながらゆっくり実感してくださいね。