二重あごになる原因って?スッキリ小顔はライフスタイルの改善から!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 部分痩せ

二重あごを改善するヒントとは

顔は第一印象の中で最も目を向けられるパーツ。体がほっそりしていても、顔全体がたるんでいるだけで一気に見た目年齢が上がります。特に二重あごは見た目年齢だけではなく、太った印象まで与えがちです。スッキリ小顔を目指したいなら、まずは二重あごになる原因を探ることが先決と言えます。顔がたるんでしまう習慣を特定し、小顔になるメソッドをライフスタイルに取り入れることが重要です。そこで今回は、二重あごになりやすい生活習慣や小顔を手に入れるメソッドをレクチャーします。ぜひ最後までご覧頂き、スッキリとしたフェイスラインを手に入れてくださいね!

二重あごは肥満だけが原因ではない

二重あごと聞くと、つい太めのボディラインを想像しがちですよね。確かに肥満体型になることで、顔が大きく見えたり二重あごが目立ってしまいます。しかし最近では普通体型でも二重あごになるケースがあり、その原因はライフスタイルが影響している可能性が高いと言われています。近年スマートフォンやパソコンの普及により、姿勢の悪さから二重あごになってしまう方が増えているようです。画面を見る際、顔を体の前に出すことで首周りの筋力が弱くなります。この姿勢が習慣化することで顔の筋肉も下へと引き下げられ、二重あごへと繋がってしまうのです。

無表情や咀嚼の少なさも二重あごの原因に

女性は顔のシワに敏感。年齢を重ねれば、自然と目尻のシワやほうれい線などができてしまいます。ごく稀ですが、シワ防止のためにあえて顔の筋肉・表情筋を使わない方がいます。笑わなかったり無表情になることで、シワの発生を防ごうとしているのです。しかし表情筋を使わないことは筋力を低下させ、たるみを引き起こす原因になります。また食事の際、咀嚼の回数が少ない方も要注意。やわらかいものばかりを食べたり、噛む回数が少ないと口元や顎の筋力が衰えてしまいます。意識的に咀嚼や笑顔を増やすなど、表情筋を動かすことが大切なのです。

表情筋トレーニングでスッキリ小顔を目指そう!

上記でも述べたように、顔のたるみや二重顎は表情筋の衰えが原因です。そこで、これから二重顎を撃退する表情筋トレーニングをご紹介します。そのメソッドはとても簡単で、15秒間かけて「あいうえお」と唱えるだけ。1文字3秒ずつ、大きく口を開くことで効果的に表情筋が鍛えられ、二重顎の改善に繋がります。顔全体の筋肉を意識し、目を大きく開きながら行うとより効果的です。真正面はもちろん、顔を上に向けた状態で行うことを心がけてください。朝晩のリラックスタイムにこのメソッドを取り入れ、美しいフェイスラインを手に入れましょう!