バルーンフェイスに別れを!今からできる小顔メソッド3選

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 部分痩せ

内側・外側からのアプローチで小顔になろう!

小顔メソッドにチャレンジしても特に変化なし。自分では努力しているのに効果が得られない、そんなお悩みを持つ方はあなただけではありません。顔ばかりに余分なお肉がついたりむくんでしまう原因は、人それぞれの体質によって違いがあります。そして日頃のライフスタイルや食習慣から原因を探り、体の内側・外側からアプローチすることで、小顔に近付く可能性がグッと高くなるのです。これから顔がむくんでしまう原因や、各々の体質に合った小顔メソッドをレクチャーしたいと思います。バルーンフェイスに別れを告げたい方は必見です!

一番考えられる原因はむくみ 一番考えられる原因はむくみ

女性が悩まされるむくみは脚だけではなく、顔にも現われる場合があります。むくみが引き起こされる原因は、塩分の取り過ぎやお酒の過剰摂取などが考えられます。近年食の欧米化により、レストランで取り扱うメニューは塩分が高め。なるべく自炊を心がけ、塩分過多を防ぐ事が大切です。また人体の構造上、お酒を摂取する事で喉が渇き、水分を更に飲む事でむくみやすくなります。むくみ発生を避けたいなら、普段からお酒の摂取量を控えめにする事が大切です。ちなみにむくみ解消の方法は、大量に汗を搔くこと。特に効果のあるメソッドとしては、半身浴がオススメです。

脂肪の蓄積も原因のひとつ

ありがちですが、肥満体質も顔を大きくする原因に。脂肪の蓄積は体だけではなく、顔全体、特に顎付近に顕著に現われます。肥満による二重顎を解消したいなら、ダイエットを行う以外に選択肢はありません。日頃から食べ過ぎに気をつけ、栄養価の高い食生活を心がけることが大切です。そして脂肪を燃焼させるために、有酸素運動を行うことも忘れずに。ウォーキングやサイクリングなど、自分に合った運動法をライフスタイルに取り入れてください。ダイエット効果が出てくるまでに時間が掛かるかもしれませんが、習慣化することで少しずつ小顔へと近付けますよ。

歯並びもチェックしてみよう

歯並びの改善が小顔作りに役立つ事もあります。実は、歯並びが悪いと咀嚼時に変な力が加わり、無駄な筋肉が顔の下半分についてしまいます。そしてこの状態を放っておく事で、エラの張りがどんどん強調され顔が大きく見えてしまうのです。歯並びが悪いと感じたら、早い段階でクリニックへ出向き矯正してもらう事が得策と言えます。歯並びを正常な位置に戻せば、顔についた無駄な筋肉も次第に落ちていきます。加えて咀嚼も正常な状態になるので、良く噛んで食事をする事で顔の筋肉に程よい刺激が与えられます。表情筋を鍛える事は、スッキリとした小顔を作る事に繋がるのです。