失敗から学ぶ!リバウンドの原因を究明しよう

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣

2017年12月31日

リバウンドにも良し悪しがある

ダイエットでありがちな失敗と言えば、食べ過ぎによるリバウンド。しかしリバウンドから立ち上がる勇気を持つことも、ダイエッターに必要な条件です。実はリバウンドにも良し悪しがあり、体重が増えても努力次第ですぐに痩せられるケースがあります。そしてリバウンド脱出のヒントは、ズバリ食事の調整と運動。これらの行動を怠れば体重は増えたまま、スタートラインに逆戻りです。要は食べ過ぎたらすぐに、脳をダイエットモードに切り替えることが重要と言えます。そして失敗を糧にし、ダイエットを再スタートさせることが、リバウンドを解消させる唯一の方法なのです。

リバウンドの繰り返しが一番危険

前述でリバウンドにも良し悪しがあると述べましたが、最も危険なリバウンドは無理な食事制限によるリバウンドです。そして短期間で体重の増減を繰り返すことで、どんどん痩せにくい体質になってしまいます。実は運動をせずに食事制限のみのダイエットを行うと、体脂肪と共に筋肉量も減少します。しかしリバウンドした際は、悲しいことに体脂肪しか増えないのです。要は体重が同じでも、リバウンドを繰り返す毎に体脂肪ばかりが増え、筋肉量は下降傾向なるというからくりです。基礎代謝量も下がるので、エネルギーを消費しにくい体質になってしまいます。

筋肉がリバウンド解消のカギ

適度な食事制限と共に運動を用いたダイエットを行えば、リバウンドからの回復も早くなります。食べ過ぎでリバウンドしても筋肉量が変わらない、つまりは痩せやすい体質になっているからです。過食した次の日は炭水化物を抜くなどの食事調整を行い、運動を用いてカロリーを消費させましょう。また、半身浴でデトックスすることもオススメです。そして注意して頂きたいのが、筋肉がついているとは言え食べ過ぎを繰り返さないこと。減量を阻む原因になり、ダイエット期間も長くなってしまいます。ダイエットはストレスがつきもの。人生におけるダイエットは、1回で充分なのです。

自分自身に問いかけよう

リバウンドを経験した際は、その原因を自身の心と体に問いかることも大切です。そしてダイエット成功の近道に、綿密なダイエットプランは欠かせません。リバウンドの原因をネットやダイエット本で探ると、ほとんどの方が無理なダイエットプランに行き着くはずです。また、私達のメンタルや体質は様々なので、ダイエット法にも合う合わないがあります。ヨガが合う人もいれば、ウォーキングが合う人もいる。失敗したらあきらめるのではなく、自分に合ったダイエット法を見つければ良いのです。失敗から学ぶ、繰り返さない。これがダイエットの鉄則と言えます。