その原因は身近にあった?! セルライトができやすい場所と生活習慣

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣

2018年1月2日

痩せていてもセルライトはできる

痩せているからセルライトの心配は無用、そんな思い込みありませんか?実はセルライトは太っていても痩せていても出来るものなんです。日本人女性の約8割の人がセルライトに悩ませれているとも言われるほど、体型に関係なくセルライトは誰にでもできる可能性があります。皮膚にボコボコとした凹凸があるなんて、美容意識が高い人ならなおさら悩みの種になってしまいますね。せっかくダイエットに成功しても、そこにセルライトができていては喜びも半減してしまいます。ではこの気になるセルライトの正体は何でしょうか?できる理由とケア方法をみていきましょう。

セルライトの出来やすい場所は?

セルライトは脂肪と老廃物がくっついて固まったものです。なのでセルライトができやすいのは、脂肪のつきやすいところ。特に女性は太もも、お尻、お腹など妊娠に備えて皮下脂肪の付きやすい下半身に出来やすいのが特徴です。また下半身は脂肪がつきやすいぶん、血液やリンパの流れが滞りやすく、代謝も悪くなりがち。そうすると脂肪と老廃物が結合しやすくなり、セルライトがつくられてしまうんです。それ以外にも、日頃からあまり筋肉を使わない二の腕や、血行が圧迫されやすいあご、リンパや血管が集中している首の後ろなどもセルライトが出来やすい場所です。

こんな習慣がセルライトをつくる

セルライトができる原因の多くは生活習慣が関係しているようです。日頃から運動不足だと、脂肪が増え、代謝が悪くなりセルライトができやすい体になってしまいます。また長時間の座り仕事や、姿勢が悪い人、お風呂に入らずシャワーだけの人も要注意です。血行不良はセルライトを引き起こすことに。また塩分や脂質の多い食事などの摂りすぎなど、食生活の乱れもセルライトの原因になります。そして意外にもストレスも要因の1つです。ストレスを感じると、血管は収縮し、血液の流れも悪くなってしまいます。セルライトが出来る原因は身近な生活に潜んでいます。

セルライトは予防が第一

セルライトは一度できてしまうとなかなか落とすことは難しいのが現状。なので日頃から予防やケアをしてセルライトが出来にくい身体を作るのが大切です。毎日こつこつウォーキングなどの運動をしたり、バランスの摂れた食事を心がけるようにしましょう。また、マッサージもお勧めです。血行やリンパの流れを意識してお風呂上りにマッサージするのも良いですね。ただどうしても消えないセルライトにお悩みであれば、専門のエステなどに相談してみるのも1つの方法です。最新の美容器具などで効率的にセルライトを解消できるかも知れません。