若返り効果あり?リフトアップメソッドでフェイスラインを引き締めよう!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

部分痩せ

顔は第一印象を左右する

顔は、体型より第一印象を左右するものです。体全体がほっそりとしていても顔のたるみが災いし、ぽっちゃり体型という烙印を押されることがあります。ぽっちゃり体型は人に癒しを与えるイメージがありますが、本人にとってはそれが嫌で仕方ないと思うケースも少なくありません。特に美容に貪欲な方は、ぽっちゃりよりもシャープ、綺麗なイメージを周囲に与えたいと望むものです。そこで今回は、フェイスラインを引き締めるリフトアップメソッドについてご紹介します。日頃の生活習慣からたるみ原因を特定・改善し、すっきりとしたフェイスラインを手に入れませんか?

顔は小さなパーツの集合体

顔は目や鼻、口などの小さなパーツが集まるところ。体の面積よりも狭く目に届きやすい分、メイクで変幻自在に顔の印象を変えることが可能です。そしてご存知かしれませんが、たるみは顔中に様々な線を刻み込む原因になります。ほうれい線や目元のシワが1センチ長くなるだけで、見た目年齢がグンと上がってしまうのです。そして恐ろしいことに、年齢を重ねる毎に線の深さや長さがより目立ちやすくなります。人は、重力や老化現象に逆らえないのです。特に顔の肉付きが良い方は、たるみが深刻になる可能性が高いと言えるでしょう。

生活習慣に潜むたるみの原因

上記でも述べたように、顔のたるみはぽっちゃりとしたイメージだけではなく、見た目年齢まで上げてしまいます。将来二重あごやシワなどに悩まされたくないなら、早急に何らかの対策を行うことが必要です。実は、たるみの原因は日常生活の中に隠れていることが多いと言われています。例えば姿勢の悪さや猫背などが災いし、顔全体が下に下がってしまうことでたるみを深刻化させるケースがあります。また、お肌の乾燥がたるみの原因に直結してしまうことも。たるみの深刻化を防ぐには、普段から姿勢を良くし、化粧水などで保湿を行うことが必要と言えます。

顔のエクササイズでリフトアップしよう

ここからは、たるみを改善させるリフトアップのエクササイズをご紹介します。まず、ひらがな表を読むように、「あいうえお」と発します。口をしっかりと動かし、1文字ずつ区切るようなイメージで行ってください。このエクササイズを行うことで、頬のたるみ・ほうれい線を改善することができます。また小顔を目指す方は、「顎はずし」のエクササイズもオススメです。顎間接を意識し、顔の下半分を左右に20~30回動かしてください。すぐに効果を得ることは難しいかもしれませんが、継続して行うことで少しずつフェイスラインを引き締めることが可能です。