フェイスラインをスッキリさせる運動と食生活まとめ

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

部分痩せ

フェイスラインがもたつく原因

フェイスラインがぷよぷよ、たぷたぷしてきたなと感じることはありますか?フェイスラインがスッキリしないと、顔が大きく見えたり実年齢よりも老けて見られたりと大きな悩みの種になってしまいます。フェイスラインがスッキリしない原因は、太りすぎによる脂肪や、血行不良によるむくみ、顔周りの筋力不足によるたるみなどなどたくさん考えられますが、自分一人でも努力次第で改善する可能性があります。そこで今回は、誰しもが憧れるキュッと小さなお顔を目指す方法を運動、食事の取り方、食事内容に分けて紹介していきます。

フェイスラインをスッキリさせる運動とは?

脂肪が原因で小顔から遠ざかってしまうことが多いので、今は脂肪がついていないという方も予防のために運動を習慣化させましょう。運動ならなんでも良いという訳ではなく、脂肪を燃焼させる効果のあるウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動がオススメです。有酸素運動は、軽い負荷の運動で長期間行えることが特徴なので、一回につき30分以上行うと脂肪燃焼効果が高まります。そして、有酸素運動を習慣化させると全身の脂肪を燃焼させる効果が期待できるため、小顔だけじゃなくダイエット効果も期待でき体に脂肪がつきにくくなります。

食事の際の注意点

食事の際は、食材を大きめに切ったり歯ごたえのあるものを取り入れ、よく噛むことを意識しましょう。たとえ歯ごたえのない食事でも、一口につき30回は噛むことを心がけると、あごや口周りの筋肉が鍛えられて輪郭がスッキリする効果や、二重あごを予防する効果が期待できます。同じ所ばかりを使って噛んでいると、顔が歪んできてしまうので左右対称に噛むことを意識して、最初は鏡で確認しながら食事することをオススメします。また、よく噛むと満腹中枢を刺激し食事量が少なくても満足できるようになるため、ダイエットにもピッタリです。

食事内容にも気をつけよう!

食事内容は、むくみの原因となる塩分、脂肪過多の原因となる糖質、脂質を抑えたものを基本に、むくみ予防に効果的なカリウムを含むアボカドやバナナ、ほうれん草などや利尿作用があるゴボウやウリ科の食材を取り入れましょう。おやつも同様に、糖質を抑え歯ごたえのあるガムやビーフジャーキー、スルメなどがオススメです。今回紹介した内容は、改善だけでなく予防にも効果的なので、できるだけ長く続けて行いましょう。そのため、適度におやつを取り入れるなど、ストレスを溜めづに無理なく続けやすく工夫することが大切です。