逆効果にならないための正しい顔筋トレ方法

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

部分痩せ

2018年7月9日

たるみやシワを解消する顔筋トレって?

顔の筋肉が衰えると、口角が下がり、顔の締まりがなくなるため老けて見えがちです。たるみやシワができるのは、加齢に加えて普段から顔の筋肉を動かさないことが原因の一つ。そこで、肌の弾力を保ち、たるみを引き締める表情筋のトレーニングが効果的なのを知っていますか?表情筋のトレーニングはいつでも手軽に始められます。顔の筋トレは、すでにできてしまったシワを取ることはできませんが、老化のスピードを緩め、ほうれい線を目立たなくし、血行が良くなるのでむくみ解消、小顔効果があります。その具体的な方法について見ていきましょう。

やり方を間違えるとせっかくの顔筋トレも逆効果に…

手軽に始めやすいトレーニングだからこそ、やり方を間違えると逆効果になることも。肌の皮膚はデリケートなのでトレーニングのやりすぎはNGです。力まかせに皮膚を引っ張って、皮膚の下の細胞を壊さないようにしましょう。皮膚を伸ばすとシワやたるみができやすくなるのです。顔の筋トレはシワやたるみを伸ばすものではなく、皮膚の下にある、目や口に筋肉に刺激を与えるマッサージなんです。もともとあまり動かしていなかった顔の筋肉に刺激を与えるので、まずはしっかりほぐしてから行うようにして、筋肉を動かしやすい状態を作りましょう。

極端な顔の動きは控えて、こまめに優しくトレーニングを

筋肉を動かしやすい状態にするには、顔トレの前に顔の筋肉をほぐしましょう。このウォーミングアップで顔の筋肉のコリをほぐすことからスタートです。ポイントは顔にシワができるほど極端に動かさないようにして、シワやたるみができやすい場所を優しく動かします。眉毛だけ上下動かす、ほおを膨らませたりして動きを加える、口の形を色々変えてみるなどして、長時間続けるのではなく、短時間でこまめに動かすと効果的です。はじめはうまく動かせずぎこちないもの。でも、続けるうちに筋肉で顔が引き上がり柔らかい表情もできるようになりますよ。

筋肉だけでなく肌を綺麗にする習慣を心がけて

顔の筋トレを続けることは大切ですが、顔に栄養分を送ることも肌のハリを維持するために大切です。顔の筋肉が柔らかくても皮膚に潤いがないとシワができてしまいます。肌への栄養分は、化粧水や美容液などで保湿・栄養を与える外側からのアプローチと、筋肉や美肌をつくる食事をする内側からのアプローチの2つの方法。普段の食生活は肉や魚などに含まれるたんぱく質、野菜や果物に含まれるビタミンをしっかり摂り、バランスの良い食事を心がけましょう。また、質の良い睡眠を毎日心がけて成長ホルモンの分泌を促し、ストレスをためない生活を。