美しい二の腕で女性らしさをUP!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

部分痩せ

2017年9月1日

憧れのほっそり二の腕

二の腕は、女性のボディラインのイメージを大きく左右する部位。スマートかそうでないかで、印象が大きく変わります。Tシャツやノースリーブから伸びる美しい二の腕は、女性の憧れですよね。しかし鏡を見てみると、知らず知らずのうちに二の腕にお肉がついてしまっている!?なんてことも。では二の腕には、どうしてお肉がついてしまうのでしょうか?大きな要因は「二の腕の筋肉」です。二の腕美人になるためにも、お肉がついてしまう原因を正しく知り、エクササイズにチャレンジしてみましょう!

二の腕の筋肉って?

二の腕には、内側に「上腕二頭筋」、外側に「上腕三頭筋」という筋肉があります。まず上腕二頭筋ですが、重いものを持ち上げたりと、腕で何かを引っ張る際に使われる筋肉です。買い物袋を持ち上げたりと日常で何かと使われる機会の多い筋肉で、よくイラストなどで見かける「力こぶ」の正体は、こちらの筋肉です。一方外側にある「上腕三頭筋」ですが、こちらは腕で何かを押す際に使われる筋肉。日常でなにかを「押す」という機会は比較的少ないですよね。この、使う機会が少ない上腕三頭筋が、二の腕が太くなる原因なのです。

上腕三頭筋の衰えがむくみや脂肪の原因!?

上腕三頭筋が使われずにいると、なぜ二の腕が太くなってしまうのでしょうか?原因は、筋肉量が減ってしまうからです。筋肉量が減ると、脂肪が燃焼されにくくなり、その部位に脂肪がつきやすくなってしまいます。また筋肉量が少ないことで、体内の老廃物を流してくれる「リンパ液」の流れも悪くなり、むくみになります。リンパ液が溜まると、そこに含まれている老廃物も溜ります。そのままにしておくと、脂肪と老廃物が結合してセルライトになってしまうのです。二の腕のお肉をつまんだ時に、表面がデコボコとしていたらセルライトです。

脱ぷよぷよ二の腕!ほっそり二の腕への道

ほっそり二の腕を目指すには、まずは鏡で自分の立ち姿を横から見て、姿勢を確認しましょう。自然に立ったときに肩が前に来て、手が太ももの前に来てしまったら「巻き肩」です。背骨が前かがみに曲がってしまっていたら「猫背」です。どちらも上腕三頭筋が使われにくくなってしまう姿勢なので、直しましょう。次に上腕三頭筋の筋肉量を増やしましょう!上記したように、上腕三頭筋はなにかを押すときに使われる筋肉。一般的には腕立て伏せが効果的と言いますが、方法は様々ありますので、継続できる方法を選び、地道にコツコツ鍛えましょう。