ダイエットによってできた体のたるみの原因と改善方法

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

部分痩せ

2017年9月1日

ダイエットに成功してもたるみができてしまうことが

太ってしまった体を元に戻すために減量に励み、見事にダイエットに成功して目標体重に達した、と喜んでいたのもつかの間、体がたるんでしまっていることに気づいて愕然としてしまった経験はありませんか?苦労をして減量したのに以前より体がたるんでしまうなんて、こんなはずではなかったのに、と思ってしまいますよね。せっかく痩せて適正体重になり、数字の上ではスリムになっているのにもかかわらず、皮膚にたるみがあるとボディラインを美しく見せることができないため、体重が減ったとしてもキレイな体とは言いづらいケースも多いのです。

皮膚のたるみはなぜできる?

なぜダイエットで体がたるんでしまうのかというと、その大きな原因は急激なダイエットです。たるみは、それまで脂肪で引っ張られて伸びた状態だった皮膚が、痩せた後も伸びきったままの状態で残されてしまうことで起こります。つまり、皮膚を引っ張っていた脂肪が急激になくなり、その変化に皮膚が対応しきれずに戻らなくなるため、たるんでしまうのです。特に短期間のうちに10kgを超えるダイエットを行うこと、運動をせずに食事制限だけでのダイエットを行うことは、皮膚のたるみを起こしやすいと言われています。

たるみ防止には時間をかけたダイエットが大事

急激なダイエットは、肌にたるみを発生させるのみならず、内臓に負担をかけることも多いものです。体調不良の原因となったり、精神的なダメージにより病気を引き起こしたりする可能性も考えられます。皮膚のたるみには体質や年齢などにより個人差があり、急激な減量をしてもほとんどたるまない人もいれば、かなり皮膚がたれてしまう手術が必要なほどの人もいます。いずれにせよ、たるみを起こすことなくダイエットをするには、急激な減量を避けることが必要です。皮膚の再生サイクルを考慮すると、最低でも4ヶ月以上かけてダイエットを実行するのが適切です。

できてしまったたるみのケア方法

ダイエットでできてしまったたるみを引き締めるためには、日頃のケアも大切です。皮膚の弾力性を保つために保湿ケアは欠かさず、同時に引き締め作用があるクリームなどを使用してマッサージを行うのも良いでしょう。また、皮膚のたるみを支える筋肉を強化する方法もあります。筋トレで筋肉量を増やすとたるみの解消が期待できるだけではなく、運動効果によって肌の再生をサポートする成長ホルモンやコラーゲンの増加も期待できます。さらに、皮膚のターンオーバーを促進する亜鉛やビタミンB群を食事やサプリメントなどで摂取するのもおすすめです。