次世代の痩身法「脂肪冷却」を徹底解説!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

部分痩せ

2018年7月31日

画期的な痩身方法、脂肪冷却

「脂肪冷却」は、切らない脂肪吸引とも言われる画期的な痩身方法。主にサロンなどで施術を受けることができます。従来のダイエット方法は脂肪細胞のサイズを小さくして体積を減らす方法。それに対して脂肪冷却は、脂肪細胞の数を根本から減らして美しい体を目指すことができるのです!また、ダイエットにつきもののリバウンドと呼ばれる状態は、体積を減らした細胞に再び脂肪が蓄えられてしまうことですが、脂肪冷却は脂肪細胞自体が少なくなるのでリバウンドしにくいと言います。施術を受けるだけなので、運動が苦手な方にもピッタリです。

脂肪冷却の仕組み

人体は70%が水分でできています。ご存知の通り水分は0℃、血液は-18℃で凍り始めますが、脂肪が凍り始めるのは4℃。脂肪冷却ではこの温度差を利用し施術箇所を4℃冷やして、周囲の皮膚や血管に傷をつけずに脂肪細胞のみにアタックして結晶化させるのです。結晶化した脂肪細胞はそのまま老廃物となり、尿や便などにより体の外へ排出されていきます。1-3週間ほどで排出が完了するとのことです。仕組みをみてわかるように、肌にメスの傷などをつけず、体のリズムに沿って脂肪を排出することができるため、健康的な痩身方法と言えます。

デメリットとメリット

脂肪冷却のデメリットは、個人によってどれくらいの期間で脂肪細胞が排出されるかが違う点です。また、施術方法から、脂肪冷却できる箇所が限られているという点も。一方メリットとしては、体の巡りに合わせて脂肪細胞が排出されるため、体への負担が少ないことと、上記したようにリバウンドしづらいことです。効果をより実感するために施術前に事前にやっておくべきことは、岩盤浴などの体を温める行為を控えること。本来体を温めることは良いとされていますが、施術時に脂肪細胞の冷却がうまく進まず、効果が弱まってしまう可能性があります。

費用と施術後のアフターケア

脂肪冷却にかかる費用はサロンによって様々ですが、初回限定キャンペーンにより45分約5000円から受けられるサロンもあるとのこと。2回目以降は1部位につき、約5万円からになるとのことです。施術を受けた後の対処ですが、当日は施術箇所を温めないように、湯船に入るのは避けましょう。翌日以降からは脂肪細胞を排出するために、体の巡りを良い状態にすることを心がけましょう!水分補給を積極的に行い、お腹や体を温めると良いとのこと。足のリンパマッサージもおすすめです。ふくらはぎを重点的に心臓の方向にリンパを流しましょう。