脚の太さの原因を知って美脚になろう

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

部分痩せ

2017年9月24日

脚をスリムにするのは難しい?

スラリとした、細くて美しい脚にあこがれる方は多いと思います。短いスカートを思いきって履きたいけれど、太い脚はコンプレックスになって履けないなんてことは珍しいことではありません。脚を細くするためにダイエットを試みても、お腹などの上半身の他の部分のサイズがダウンしているのに、脚のサイズだけがなかなか変化を感じないということも少なくないでしょう。それだけ、脚は他の部分よりも太くなりやすいにもかかわらず、細くしづらい部分だといわれています。美脚になるためには、まずは太い脚の原因を知ることが大事です。

脚が太くなる原因の「脂肪」と「筋肉」

脚が太くなる原因のひとつが、脂肪によるものです。お腹などの他の部分も同じように脂肪が付いてサイズが増えてしまいますが、女性の場合は特に下半身は脂肪を溜め込みやすい性質があるため、脚に脂肪が付いて太りやすくなるのです。座ったままでふくらはぎを掴んだ状態で立ち上がった時に、掴んだままでいられる部分が脚についた脂肪なのだそうです。また、筋肉によって脚が太くなる方もいます。運動をしていた場合、脚に筋肉が付くことも多いのですが、運動後にきちんと脚のケアを行わなかった場合、老廃物が溜まり筋肉太りになることもあるのです。

女性に多い脚のむくみ

さらにもうひとつ、むくみによって脚が太くなるケースもあります。「水太り」とも呼ばれることがあるむくみは脚や顔に現れやすく、体内の水分が皮膚の下に溜まってしまった状態のことを指します。排出できなかった余分な水分であるため、脚がむくんでしまうと老廃物を正常に排出しづらくなり、その結果慢性化する恐れもあります。脚のむくみを確認するには、ふくらはぎを30秒ほど掴んでみましょう。手を離した後もなかなか掴んだ後が消えない場合、脚がむくんでいる可能性があります。夕方に靴やブーツがきつく感じる時も、むくみが考えられます。

それぞれの原因に合った方法で美脚を目指そう

脂肪が原因の場合は、まず脂肪燃焼を促すことが大事です。筋肉を付けて運動をし、脚についた脂肪を減らすことで脚痩せが期待できます。筋肉が原因で脚が太くなっている時は、脚のマッサージが効果的だといわれています。手をグーの状態で太ももとふくらはぎの表と裏、足の甲を上下に刺激するのがおすすめです。むくみによる脚太りには、まずむくみの解消が必要です。脂肪太り同様に運動をして筋肉量を増やし、基礎代謝をアップさせることが第一となります。これにより、老廃物の排出がスムーズになり、体内の余分な水分の解消が期待できます。