お腹ぽっこりとさよなら。体幹を鍛えるトレーニング!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

部分痩せ

2017年10月29日

お腹ぽっこりとさよなら。体幹を鍛えるメリットとは。

体幹とは、身体の頭部と四肢を除いた胴体中心部全体を指します。この体幹は、骨と筋肉から構成され、詳しくは骨盤、背骨、肋骨、肩甲骨、その周囲をとりまく深層筋、表層筋を総じて体幹と言います。加齢に伴って、基礎代謝が低下し、脂肪を溜めやすく太りやすい身体となってしまいます。ただ痩せたいだけのダイエットではお腹ぽっこりとはさよなら出来ません。体幹を鍛えることで、正しい姿勢が実現し、美しいボディラインを作ることが可能です。そして、太りにくく、痩せやすい体質となるだけではなく、肩こり、腰痛までもが改善し健康へと繋がります。

背中とお腹の筋肉を意識して鍛える。

ではでは、実際の体幹トレーニングを見ていきましょう。体幹トレーニングと合わせてダイエットをな長く継続するためにも、簡単で手軽にというのは必須ですね。まずは、背中とお腹の筋肉を意識して鍛えます。腕立て伏せの状態を少し変形させます。ひじから下の腕を床に付けて、手のひらを握りこぶしにして姿勢をつくります。目線は下に向けたまま、姿勢をまっすぐに背中が一直線になるようにします。それを10秒間そのままキープします。次第に10秒から20秒へと時間を延ばしていきます。これをプランクと呼びます。

脇腹脇腹の筋肉を意識して鍛える。

次に、サイドブリッジといって脇腹を意識する体幹トレーニングです。身体を横向きにして床に片手をついて姿勢を作ります。身体を起こして片手と足だけが床に着いている状態で身体を真っすぐに伸ばしてそのまま10秒間キープします。さらに、上部にある腕をまっすぐに伸ばして姿勢をとります。このときに、脇腹の筋肉がしっかりと伸びて使われているのを意識して2セット行います。身体が真っすぐにあることに注意します。お腹ぽっこりとさよならするためには、背中とお腹だけではなく脇腹の筋肉も意識する必要があります。

おしりの筋肉を意識して鍛える。

最後に、理想のヒップアップを目指しておしりの筋肉を意識します。これを、ヒップリフトといいます。まず、床に仰向けの状態で寝てから、ゆっくりとおしりを持ち上げます。持ち上げたおしりをまた、元の位置に戻します。これをゆっくりと何度も繰り返します。おしり、背中をゆっくりと少しずつ床から離して筋肉を使うイメージで持ち上げます。このとき、おしりの筋肉を強く意識しましょう。体幹トレーニングを効果的にするためには、毎日継続する必要があります。変化が見えるとさらにやる気もあがり、もっと美しく努力出来るでしょう。そのために、短時間でいいので先に上げた3つのトレーニングを毎日実施することをおすすめします。空いた時間に少しずつ、無理なくをこころがけてください。