しっかり痩せながら、美脚を作る方法

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

部分痩せ

2017年11月20日

あなたが太っている原因は?

あなたが太っている原因はなんですか?最近、身体が重い、だるい、疲れやすい、体調が悪いなどと身体が肥満傾向にあるときは、何かしらの不調を訴えるものです。最近太ってきている原因に心当たりはありませんか?仕事や人間関係のストレスなのか、それとも多忙による運動不足なのか、暴飲暴食、ストレスからくる食べ過ぎなどはご本人がいちばんよく分かっていますね。しっかりと痩せながらも美脚を作るために、身体の太り方の種類を知ることが大切です。自分がどんなタイプの太り方なのかを把握しながら、ダイエットを始めることをおすすめします。

むくみ太りと脂肪太り

むくみ太り、体内の水分や老廃物が滞った状態のまま溜まってしまっている状態をさします。代謝が落ちている状態だと、老廃物などが排泄されずに溜まったままなのです。ひとつの原因は、脚の筋肉量が極端に少ないことにあります。筋肉によって血流を促し、血液やリンパ液を心臓に戻すのでむくみ予防には、筋肉は大事な役割を果たします。また、脂肪太りは文字の通り、身体に脂肪が付いている状態を言います。摂取カロリーに対して消費カロリーが追いついていないために、余分な脂肪が付いてしまいます。脂肪太りの脚を細くするためには、これらの余分な脂肪を有酸素運動などで燃焼することが必須です。

筋肉太りと歪み太り

筋肉太りは、逆に筋肉を付け過ぎて太くなっている状態です。筋肉トレーニングや短距離走などの陸上競技、無酸素運動を続けてやってきた場合、筋肉量が増え脚が太くなるケースです。筋肉太りの脚は、よくマッサージを施すこと、また有酸素運動に切り替えてコツコツと脚をほぐしながら美脚を作ることをおすすめします。また、歪み太りとは、骨盤の歪みによって脂肪や筋肉が余分な箇所に付いてしまうことにあります。骨盤が歪んでいると、身体を支える重心が偏ってしまい筋肉が余計なところに付いてしまいます。日頃の猫背などの悪い姿勢や身体の癖が骨盤の歪みを引き起こすために注意が必要です。

日常に運動を!意外な自転車が美脚におすすめ

脚が太い原因と種類が分かりました。美脚を手に入れるためには、脂肪と筋肉がバランスよく付くことが大切ですね。ただ細い脚を目指すのではなく、きゅっと引き締った美脚ですね。そのために、日常のなかに運動を取り入れて脂肪を燃やして筋肉を作ることが必須です。そこで、自転車が脚を負担がなく効率良く運動出来るのでおすすめです。余分な脂肪が燃えてほどよく筋肉が付けながら鍛えることが出来ます。自転車は有酸素運動なので、体内に酸素を取り入れて、とくに太ももの内側、外側、大腰筋の脂肪を燃やし、鍛えることが可能です。焦らずに、時間をかけながら美脚を作っていきましょう。