小顔は美人の象徴!スッキリとしたフェイスラインを手に入れるには?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

部分痩せ

2017年11月24日

顔が小さいだけで美人に見える?

何であの子はぽっちゃりしているのにモテるんだろう…そう感じたら、小顔マジックの可能性大!顔は、体の中で最も印象に残りやすいパーツと言えます。小顔は美人の象徴と言っても過言ではなく、モデルや人気女優は顔が小さい方がほとんど。某SNSフォロワーランキングで、絶大な支持を得る女性お笑いタレントも小顔です。スッキリとしたフェイスラインを手に入れたいなら、ダイエットよりもにむくみを解消することが先決。そこで今回は、小顔作りの障害となるむくみ対策や、フェイスラインのデイリーケアについてご紹介したいと思います。

むくみは小顔の大敵

むくみは小顔作りの大敵。外食をした翌日に顔がパンパンになってしまったら、真っ先にむくみを疑うべきです。むくみは主に下半身に現われやすいと言われていますが、フェイスラインも例外ではありません。そしてむくみの原因のほとんどは、塩分の過剰摂取によるもの。私たちの身近にあるハンバーガーやスナック菓子などには、塩分が多く含まれています。近年外食産業の欧米化が進んでおり、美味しいものほど塩分が高い傾向にあるのです。普段から和食中心の食生活を心がけ、塩分過多にならないように工夫をすることが重要と言えます。

カリウムでむくみを解消

社会人はもちろん、交友関係が広い方ほど外食をする機会が多くなりがちです。塩分過多が気になるけど、仕事上の付き合いがあり外食を避けられない…そう悩む方も多いと思います。そこでオススメしたいのが、カリウムを多く含む食材。カリウムには体に溜まった塩分を排出し、むくみを解消させる作用があります。代表的な食材はパセリやアボガド、ほうれん草など。食べ過ぎた翌日の朝食は、サラダとしてこれらの食材を有効活用してください。また、忙しい方はサプリメントでカリウムを摂取しましょう。ドラックストアや通販などで簡単に手に入ります。

リンパマッサージで小顔になろう!

小顔作りには美容ローラが効果的と言われていますが、コストをかけたくない方は顔の下半分を刺激するリンパマッサージがオススメです。手をグーの形に握り締め、指の第2関節で顔のエラ部分を圧迫します。30秒間、ほぐすようにグリグリと刺激を与えたら、反対側も同じようにマッサージを行います。エラ下の筋肉を動かすように押すことがポイントです。即効性は期待できませんが、継続を心がければ少しずつ小顔に近付くことができます。是非このメソッドをライフスタイルに取り入れ、スッキリとしたフェイスラインを手に入れてくださいね!