小顔メソッドで顔のたるみが解決?マッサージ&メイクで引き締める!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

部分痩せ

2017年12月23日

自分史上最高の小顔になろう!

顔がたるんだり大きくなる原因は人それぞれ。食べ過ぎによるむくみやホルモンバランスなど、数え上げればきりがありません。中には肌の老化が原因だから仕方ないと、あきらめる方も多いのではないでしょうか。しかし美しくなりたいという願望は、女性であるなら誰もが持ち得るもの。特に大切なイベントの前は、今までで一番キレイな私でいたい、そう思うものです。自分史上最高の美しさを得たいなら、これからご紹介する小顔メソッドであなたの願望を叶えてみませんか?お肌を引き締めるマッサージや小顔メイクで、フェイスラインをスッキリさせましょう!

小顔マッサージで筋肉に刺激を

小顔マッサージは、口角と頬周りの筋肉に刺激を与えることがポイントです。まず、人差し指を口に入れ、口角から2cmの部分を親指を使って挟み込みます。そのまま、痛くならない程度に20回揉んでください。左右の口角同時にマッサージを行うイメージです。次に頬周りのマッサージですが、こちらも人差し指を口の中に入れ、頬の一番高い部分まで伸ばします。顔の表面にある親指で頬のお肉を掴んだら、先程と同様、左右同時に20回マッサージを行ってください。このメソッドはリンパの流れの改善や、脂肪燃焼に効果的です。毎日の継続で、引き締まった小顔を手に入れましょう!

立体メイクで-3kgを実現?

いつものベースメイクに立体メイクをプラスすることで、スッキリとした小顔を作ることが可能です。その顔やせ効果は-3kgに及ぶと言われているので、ぜひ実践してみてください。立体メイクのポイントは、ハイライトにローライト、チークの3つ。最初に、目の下の三角ゾーンとTゾーンにハイライトを入れます。顔の中央部分を高く、明るくするようなイメージです。次にチークを使って血色を入れましょう。なるべく上部に、楕円形に入れるよう意識してください。最後にローライトで、髪の生え際やフェイスラインに影を入れたら終了です。

コスメ選びのポイントとは

美しい小顔に仕上げたいなら、コスメ選びも大切です。チークは伸びのよいクリームタイプのものを、ハイライトやローライトはスティックタイプのものを選んでください。ハイライトは、顔の中央部分を中高に見せ立体感を出すことがポイントなので、なるべくパールが入ったコンシーラーを使用しましょう。顔の遠近感を出すために必要なローライトは、茶色に近いシェーディングタイプが最適。そしてチークの色は、ピンク系を選んだ方が無難です。オールマイティーな肌色に馴染む、サニーピンクをお薦めします。立体メイクが慣れてきたら、レッド系チークで流行色を楽しみましょう。