有酸素運動でダイエット効果と健康を手に入れよう!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

部分痩せ

2017年9月1日

ダイエットに効果的な有酸素運動

ダイエットを行うには、食事制限や適度な有酸素運動が必要不可欠です。有酸素運動とは、体内に取り入れた酸素で蓄積された脂肪を燃焼させる運動法のこと。深い呼吸で酸素を取り入れ下半身の大きな筋肉を使うので、ダイエットはもちろんむくみの解消にも効果的です。代表的な有酸素運動はウォーキングやジョギング、サイクリングや水泳などが挙げられます。体への負荷も軽度から中程度なので、ライフスタイルに取り入れやすい運動法といえるでしょう。体重の減量には個人差がありますが、継続させることで目に見えて体型の変化を感じる方が多いようです。

有酸素運動は健康維持にもぴったり

有酸素運動は、幅広い年代の方に親しまれています。特に年配の方はダイエット目的ではなく、毎日の健康維持にウォーキングを取り入れる方が多いようです。有酸素運動は新陳代謝の向上をはじめ心肺機能の改善や骨の強化、血中のLDLコレストロールの減少などに効果が期待できます。また、酸素を取り込む運動は脳に刺激を与えるので、ストレスの解消や抑うつの感の軽減、アイディアのひらめきなどメンタル面にも良い作用をもたらします。有酸素運動はダイエット以外にも、私たちの健康や精神に大きなメリットを与えてくれるのです。

ウォーキングは継続しやすい

ジョギングやサイクリングも脂肪燃焼に効果的ですが、人によっては息が上がるなどの苦しさやストレスを感じる方が多いようです。ご存知かもしれませんが、ダイエットは継続させる事が何よりも肝心。上記でも述べたように、ウォーキングは年齢問わず行えることはもちろん、楽しみながら継続できる有酸素運動といえます。公園や堤防などを自分のペースで歩けば、さまざまな景色に心が癒されることでしょう。また、家族や友人と一緒に歩いたりウォーキング仲間を見つけるなど、人との交流も楽しめるのもウォーキングの醍醐味です。

脂肪燃焼効果を上げる歩き方とは

ウォーキングで脂肪燃焼効果を上げたいなら、正しい歩き方で行うことが大切です。まずはあごを引き、背筋をピンと伸ばした姿勢を鏡でチェックしてください。ウォーキングフォームの基本は「まっすぐ立つ」こと。背筋や腹筋で体を支えるように、直立した姿勢を保つことがポイントです。足を運ぶ際はかかとから着地し、爪先で蹴るように歩きます。膝を伸ばし歩幅を広く取り、早めのスピードでウォーキングを20分以上続けましょう。ipodなどのオーディオプレーヤーを用いれば、よりリズミカルにウォーキングを楽しむことができます。